GG佐藤、4度のクビを味わった男の再出発

“波乱万丈以上"の野球人生からビジネスの世界へ

実は今年7月、GGは『妄想のすすめ 夢をつかみとるための法則48』(ミライカナイ)という本を上梓した。今思えば、あの時すでにクビを覚悟し、新たな船出をする決意をしていたのではないか。そう感じさせる記述が、あとがきの一節にある。

「僕はいま、二軍暮らしをしています。これから一軍に上がってチームに貢献できるかもしれませんが、逆に、近い将来、ユニフォームを脱ぐことになるかもしれません。だけど、僕の人生はまだまだこれからです。野球でも、野球以外でも叶えたい夢が山ほどあります。だからこそ、僕はこれからも、妄想し続けたいと思います」

決して野球エリートではなかった。でもプロ野球選手として活躍できた。北京五輪に出場した。でも世紀の大失敗をしてしまった。

イメージする力だけは人一倍

ナポレオン・ヒルの世界的名著“思考は現実化する”ではないが、良くも悪くも妄想力=イメージする力だけは人一倍強いとGGは自認している。

自分のミスでメダルなしのまま、五輪の正式種目から外れてしまった野球。野球後進国イタリアで出会った視覚障害者のための野球、ブラインド・ベースボール。この2つをオリンピックとパラリンピックで正式種目にする。そんな妄想を4年前から抱き、地道な活動も行っている。

ビジネスマンとしてももちろん、大いなる夢を抱いている。そしてその先に見据える、ビジネスの世界を超越した妄想とは…。

「それはまだ言えません(笑)。でも10年後、いや5年後を見ていてください」

GG佐藤選手のように野球を辞めるのか、それとも諦めずにしがみつくのか。その狭間でももがき続ける男と、その挑戦を支える家族の物語『プロ野球戦力外通告~クビを宣告された男たち~』は12月30日(火)夜22時からTBS系列で放送(フェイスブックページはこちら

野球界でも幾多のドン底を味わい、それでも諦めずに自己実現してきた男だけに、何かをしでかしてくれるのではないか。そんなほのかな期待を抱かずにはいられない。

「もう本当に実現したい妄想がたくさんありすぎて、とにかく時間がいくらあっても足りないんですよ。じゃ、また次の営業があるんで!」

コートの襟を立て、意気揚々と踵を返したGG。地下鉄の階段を颯爽と降りて行った彼は、野球とは違う新たな舞台で、いつの日かまた現役時代のヒーローインタビューでパフォーマンスしていたように、「キモティーーーッ!」と叫んでいるに違いない。

(敬称略、文:津川 晋一)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT