GG佐藤、4度のクビを味わった男の再出発

“波乱万丈以上"の野球人生からビジネスの世界へ

実は今年7月、GGは『妄想のすすめ 夢をつかみとるための法則48』(ミライカナイ)という本を上梓した。今思えば、あの時すでにクビを覚悟し、新たな船出をする決意をしていたのではないか。そう感じさせる記述が、あとがきの一節にある。

「僕はいま、二軍暮らしをしています。これから一軍に上がってチームに貢献できるかもしれませんが、逆に、近い将来、ユニフォームを脱ぐことになるかもしれません。だけど、僕の人生はまだまだこれからです。野球でも、野球以外でも叶えたい夢が山ほどあります。だからこそ、僕はこれからも、妄想し続けたいと思います」

決して野球エリートではなかった。でもプロ野球選手として活躍できた。北京五輪に出場した。でも世紀の大失敗をしてしまった。

イメージする力だけは人一倍

ナポレオン・ヒルの世界的名著“思考は現実化する”ではないが、良くも悪くも妄想力=イメージする力だけは人一倍強いとGGは自認している。

自分のミスでメダルなしのまま、五輪の正式種目から外れてしまった野球。野球後進国イタリアで出会った視覚障害者のための野球、ブラインド・ベースボール。この2つをオリンピックとパラリンピックで正式種目にする。そんな妄想を4年前から抱き、地道な活動も行っている。

ビジネスマンとしてももちろん、大いなる夢を抱いている。そしてその先に見据える、ビジネスの世界を超越した妄想とは…。

「それはまだ言えません(笑)。でも10年後、いや5年後を見ていてください」

GG佐藤選手のように野球を辞めるのか、それとも諦めずにしがみつくのか。その狭間でももがき続ける男と、その挑戦を支える家族の物語『プロ野球戦力外通告~クビを宣告された男たち~』は12月30日(火)夜22時からTBS系列で放送(フェイスブックページはこちら

野球界でも幾多のドン底を味わい、それでも諦めずに自己実現してきた男だけに、何かをしでかしてくれるのではないか。そんなほのかな期待を抱かずにはいられない。

「もう本当に実現したい妄想がたくさんありすぎて、とにかく時間がいくらあっても足りないんですよ。じゃ、また次の営業があるんで!」

コートの襟を立て、意気揚々と踵を返したGG。地下鉄の階段を颯爽と降りて行った彼は、野球とは違う新たな舞台で、いつの日かまた現役時代のヒーローインタビューでパフォーマンスしていたように、「キモティーーーッ!」と叫んでいるに違いない。

(敬称略、文:津川 晋一)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 令和の新教養
  • 就職四季報プラスワン
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ビジネスに効く<br>最強の健康法

現代人の大きな悩みである健康。多忙なビジネスパーソンのため、すぐに実践でき即効性がある健康法を厳選。糖質制限簡易版に加え「ゾンビ体操」「これだけ体操」を大きなイラスト入りで紹介。健康経営、健康ビジネスに踏み出す企業も満載。