GG佐藤、4度のクビを味わった男の再出発

“波乱万丈以上"の野球人生からビジネスの世界へ

「36歳でクビ4回。こんな経験なかなか出来ないでしょ。だから、今後の人生はそれを逆手に取って、キャッチフレーズにしちゃおうかな」。茶目っ気たっぷりに笑う。

1度目のクビは米国マイナーリーグで、2度目は西武ライオンズで、3度目はイタリアのプロ野球リーグで。そして現役最後となる4度目の宣告は、実にあっけないものだった。

今年10月4日。ファーム日本選手権に出場し、2軍での“日本一”に貢献した直後のことだった。

「ソックスぐらい脱がせてくれ」

「ユニフォームのまま宿舎に戻って来て、着替えようと右のソックスに手をかけた、まさにその瞬間でした。球団から電話がかかって『会議室に来てくれ』と。内容はもう分かってはいたけど、おいおい、ソックスくらい脱がしてくれよ、そんなタイミング(苦笑)。そして本部長から『来季は契約しないから』と言われてあっさり終了でした」

最初に日本球界に入れたのは、当時西武の監督になったばかりの伊東勤のおかげ。その伊東が現在監督を務め、なおかつGGの地元でもある千葉ロッテで最後にユニフォームを脱ぐ。覚悟はもう出来ていた。

「自分らしくていいんじゃないかな…。この2年間はレベルの上がらないロールプレイングゲームを続けている感じでした。努力して上手くなるわけじゃなく、努力して現状維持していたんです。伸びしろがないのは人間にとってキツイ。だからこそ次のステージに挑戦することに決めました」

師走の都内。寒空の下、ストライプの濃紺スーツをビシッと着込んだGGの姿があった。初めて持つ名刺には「営業マネージャー 佐藤隆彦」と記してある。地元市川市に本社のある測量や地盤改良工事がメインの、トラバースという会社で働き始めた。

「本当に毎日が勉強、ゼロからのスタートです」

社会人としてのスタートが出遅れていることは強く自覚している。お客に頭を下げ、先輩社員にお酌をする。自分がプロ野球選手だったからこそ、必要以上に丁寧な対応を心がけ、相手の心を掴もうとしている。

体重も計画的に10kg落とした。大きな身体はもう要らない。短髪に刈り込み、スーツの似合うスリムな体型にした。もちろん仕事相手に、少しでも好印象を持ってもらうために。ビジネスマンとして絶対に夢を実現してみせる。そんな強固な決意が随所に垣間見える。

次ページビジネスマンとして描く夢
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT