有料会員限定

[神奈川]横浜サイエンスフロンティア高校 首都圏の新興勢力(2)

印刷
A
A

市立・共学

ライセンスを取れば、実験機器は自由に使える。子ども扱いしない教育方針だ(撮影:大澤 誠)

特集「これから伸びる中学・高校」の他の記事を読む

横浜市の肝いりで科学者育成を目指す

「テニス部に所属しているので、日焼け止めの効果がある物質を調べています。先輩の研究で、お茶とおコメを組み合わせることでカテキンの量が増えるという結果が出ていました。この研究を発展させたいのですが、どうしたらいいでしょうか」

「組み合わせたら増えました、では面白くない。植物は紫外線に対抗するためにカテキンを蓄える。紫外線量が多い所はどこなのか、という視点で考えると、何か見えてくるかもしれないね」

これは横浜市立横浜サイエンスフロンティア高校(横浜SF高)の授業中の一コマだ。生徒の相談に乗っているのは、高校の教員ではない。横浜国立大学の名誉教授で動物学が専門の種田保穂氏だ。

同校では種田氏のような大学や研究機関、大手企業の研究者約60人が、「科学技術顧問」として講義や研究指導、実験指導を担当する。彼らを束ねるのが、東京大学名誉教授で理化学研究所研究顧問の和田昭允氏を筆頭とする、5人の「スーパーバイザー」である。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
これから伸びる中学・高校
大学入試改革で高まる人気
新大学入試でも有利?
小学生にも押し寄せる波
海外進学で本当に有利?
中高一貫校の実力(6)
中高一貫校の実力(5)
中高一貫校の実力(4)
中高一貫校の実力(3)
中高一貫校の実力(2)
中高一貫校の実力(1)
»»Part3 生徒の力を引き出す中高一貫校
早稲田・慶応・明治
東大・京大推薦入試トップ校の素顔(2)
東大・京大推薦入試トップ校の素顔(1)
新テストにも十分対応
首都圏の新興勢力(3)
首都圏の新興勢力(2)
首都圏の新興勢力(1)
»»Part2 4年後も安心できる高校
戦いはすでに始まっている
東京ではスピーキングも
学校の指導力があらわに
センター試験と違って記述式
大学入試改革で激変! これから伸びる中学・高校
»»Part1 激変する大学入試
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内