有料会員限定

私大入試は変わるのか 早稲田・慶応・明治

印刷
A
A

大学入試センター試験に代わり、2021年から始まる「大学入学共通テスト」。国語と数学で記述式問題が導入され、英語では4技能(読む、聞く、話す、書く)を測るため外部の民間試験が活用される。国公立大学にとってはまさに変革期だ。

では私立大学入試への影響はあるのか。センター試験を利用する入試を実施しているのは526大学、私立全体の約9割に上る。受験生からの人気が高い早稲田大学、慶応義塾大学、明治大学の3校を見ても、センター利用入試を行っていないのは慶応だけだ。明治はセンターの得点だけで合否を決める方式を全学部で導入している。早稲田はセンターのみで受験できる学部が9学部あるほか、個別試験との合計点で決める方式を4学部で設けている。

(注)2018年度入試。推薦、AOは除く。早稲田のスポーツ科学部には競技歴方式、人間科学部には数学選抜方式あり

特集「これから伸びる中学・高校」の他の記事を読む

21年以降、多くの大学はセンター利用入試を共通テスト利用入試に置き換えるとみられており、その意味での影響はある。

ただし私大の場合は入試方式が多様化しており、受験生にとっての選択肢が多い。共通テストに不安があるなら、一般入試で合格を目指せる。また明治の「全学部統一入試」や法政大学の「T日程入試」のように1回の受験で複数学部を併願できる試験が一般入試とは別の日程で実施されるなど、大学によっては複数回受験する機会があるのも魅力だ。推薦入試やAO入試を実施している学部も多い。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
これから伸びる中学・高校
大学入試改革で高まる人気
新大学入試でも有利?
小学生にも押し寄せる波
海外進学で本当に有利?
中高一貫校の実力(6)
中高一貫校の実力(5)
中高一貫校の実力(4)
中高一貫校の実力(3)
中高一貫校の実力(2)
中高一貫校の実力(1)
»»Part3 生徒の力を引き出す中高一貫校
早稲田・慶応・明治
東大・京大推薦入試トップ校の素顔(2)
東大・京大推薦入試トップ校の素顔(1)
新テストにも十分対応
首都圏の新興勢力(3)
首都圏の新興勢力(2)
首都圏の新興勢力(1)
»»Part2 4年後も安心できる高校
戦いはすでに始まっている
東京ではスピーキングも
学校の指導力があらわに
センター試験と違って記述式
大学入試改革で激変! これから伸びる中学・高校
»»Part1 激変する大学入試
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内