有料会員限定

民間の検定試験導入で英語は学びやすくなる 学校の指導力があらわに

印刷
A
A

2021年から「大学入学共通テスト」で、英語には民間の資格・検定試験が導入される。移行期間として24年までは現行のマークシート式も併存するが、その後は全面移行する。

今回の決定により、「読む」「聞く」「話す」「書く」の4技能を評価する教育がやっと実現する。4技能を測るテストでなければ信頼性がないというのが世界の常識だ。ところが日本ではいまだマークシート式の試験を使って間接的に書く力や話す力を測っている。

スピーキングの能力を測るのに出題されているのが、発音やアクセントの問題、会話文の穴埋め問題。だがそれができたとしても、実際に英語が話せるようにはならないのは明らかだ。また単語の並べ替えや文法の4択問題が解けてもアカデミックエッセーを書ける力はつかない。にもかかわらず、そうした問題が出されてきたことで悪い試験対策、つまりこれらの問題を解くためだけの特殊な「受験英語」が現場に広がっている。だからこそ早急に変える必要があった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
これから伸びる中学・高校
大学入試改革で高まる人気
新大学入試でも有利?
小学生にも押し寄せる波
海外進学で本当に有利?
中高一貫校の実力(6)
中高一貫校の実力(5)
中高一貫校の実力(4)
中高一貫校の実力(3)
中高一貫校の実力(2)
中高一貫校の実力(1)
»»Part3 生徒の力を引き出す中高一貫校
早稲田・慶応・明治
東大・京大推薦入試トップ校の素顔(2)
東大・京大推薦入試トップ校の素顔(1)
新テストにも十分対応
首都圏の新興勢力(3)
首都圏の新興勢力(2)
首都圏の新興勢力(1)
»»Part2 4年後も安心できる高校
戦いはすでに始まっている
東京ではスピーキングも
学校の指導力があらわに
センター試験と違って記述式
大学入試改革で激変! これから伸びる中学・高校
»»Part1 激変する大学入試
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内