有料会員限定

AI導入ここがツボ メリットは? リスクは? 人材は?

印刷
A
A
ペッパーは音声アシスタント機能の強化に期待が高まる(右)。コマツのIT戦略に学べ(左)

特集「ビジネスのための使えるAI」の他の記事を読む

冒頭から冷水を浴びせるようだが、機械学習を中心とするAIブームは2年以内に終わる、と筆者は見ている。それはAIが未熟な技術で実用性に乏しいという意味ではない。既存のITと同じように、どの業務にどれぐらいの経済効果を期待して導入するかを検討する、現実的なビジネスツールとなるのだ。

1990年代後半のインターネット勃興期を思い出してほしい。多くの人が経済誌などで仕入れた知識を基にネット革命について議論し、採用現場ではホームページを作れるエンジニアがもてはやされた。だがそれも一時のこと。程なくネットは企業においてごく普通のツールとなり、同時に経営の論点にならなくなった。AIも早晩そうなるのだ。

現在はAIに対する過大な期待と過小評価が混在している一方で、ビジネス現場では経営陣や上司から「AIの活用策を考えろ」と求められることが増えている。このシチュエーションで必要な知識とは何だろうか。

(出所)取材と『いちばんやさしい人工知能ビジネスの教本』を基に本誌作成

AIプロジェクトのプレゼン資料を作る前にまずすべきは、自社のバリューチェーンのどの部分でAIを活用すれば、売り上げやコストを大きく左右するのか、という事業に対する基本確認だ。その部分に現在どのような課題があるか、その課題をAIが解消すれば売上高が伸びるのか、それともコストが削減できるのかを考え、「AIを導入する必要性」を明確にする必要がある。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ビジネスのための使えるAI
世界のAIイベントカレンダー
見逃せない!
5日で読破する参考書+情報源
もっと理解を深めたい!
政府の会議を脱退した企業が警告
『AIで一発逆転』は幻想
▶▶Part2 期待、失望、そして…
『会社四季報』で発掘
AIと個人データのデリケートな関係
機械のミスは誰が責任を負う?
それ、本当に機械にやらせますか?
超コンピューティング時代のインフラ
メリットは? リスクは? 人材は?
横浜銀行(文字認識)
三井住友海上火災保険(文字認識)
オークローンマーケティング(画像認識)
NEC(画像認識)
日経新聞など報道各社(文字・画像認識)
RIZAP/ANA(行動データ分析)
はるやま商事(文字・画像認識)
キユーピー(画像認識)
AI導入のビジネス現場/日立製作所
「どういう意味?」と聞くに聞けない
文系でもスッキリわかる
▶▶Part1 知識0からのAI
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内