有料会員限定

IT大手が語るAI 日本企業の大誤解 それ、本当に機械にやらせますか?

印刷
A
A

NEC
「大量データが宝の山」は誤解

「今あるデータで、できることはほとんどない」。NECデジタル戦略本部の荒井匡彦シニアマネージャーは実情を明かす。

製造過程で蓄積したデータは大量にあるから、AIにディープラーニングさせれば何かできるだろう──。そんな漠然とした問い合わせが多い。が、何をしたいのかを詰めていくと、「宝の山」と会社側が思い込んでいた大量のデータが、実はそうではなかったのだと判明する。

NEC デジタル戦略本部 シニアマネージャー 荒井匡彦(撮影:田所千代美)

特集「ビジネスのための使えるAI」の他の記事を読む

AIで解決したい課題があいまい

「AIでどんな経営課題を解決したいのか」を詰めていくと、「そこまで考えていませんでした」という顧客も多い。「無理やりAIを使わなくても」という結論にたどり着くことも少なくない。たとえば、不良品をチェックするのに熟練工の経験に頼っているとする。しかしいきなりAIに代替させようと考えるのではなく、まずは熟練工の業務プロセスを細かく分析することのほうが優先すべき課題だったりする。

「問い合わせが100件あるなら40件はデータがそろわず時期尚早。30件は興味本位でAIを試したいだけ」と荒井氏。それでも「腹を割って課題解決の話をするように心掛けている」と前向きだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ビジネスのための使えるAI
世界のAIイベントカレンダー
見逃せない!
5日で読破する参考書+情報源
もっと理解を深めたい!
政府の会議を脱退した企業が警告
『AIで一発逆転』は幻想
▶▶Part2 期待、失望、そして…
『会社四季報』で発掘
AIと個人データのデリケートな関係
機械のミスは誰が責任を負う?
それ、本当に機械にやらせますか?
超コンピューティング時代のインフラ
メリットは? リスクは? 人材は?
横浜銀行(文字認識)
三井住友海上火災保険(文字認識)
オークローンマーケティング(画像認識)
NEC(画像認識)
日経新聞など報道各社(文字・画像認識)
RIZAP/ANA(行動データ分析)
はるやま商事(文字・画像認識)
キユーピー(画像認識)
AI導入のビジネス現場/日立製作所
「どういう意味?」と聞くに聞けない
文系でもスッキリわかる
▶▶Part1 知識0からのAI
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内