有料会員限定

必修AI用語17 「どういう意味?」と聞くに聞けない

印刷
A
A

多少の理系知識がある人でも、AI技術を理解するのは容易ではない。ましてや文系には困難だ。それでもAIにかかわらざるを得ない人のために、覚えておけば安心の頻出用語を解説する(順不同)。

 

【機械学習】

AIの一種。大量のデータをコンピュータ上のアルゴリズムに入力し、コンピュータ自身にデータの中の規則性や特徴を見つけさせる。ディープラーニングは機械学習の一種で、このほかにランダムフォレストやサポートベクターマシン、ロジスティック回帰といった種類がある。将棋AIのポナンザなど、近年高い実績を残しているAIは基本的にすべて、機械学習と分類できる。

 

【ニューラルネットワーク】

人の脳を模して、コンピュータ上に疑似的なニューロン(神経細胞)のネットワークを作り、ニューロン間のつながりを学習で変化させるアプローチ。この分野の国内の第一人者は、甘利俊一・東大名誉教授。ネットワークは大別すると「入力層」「中間層」「出力層」の3部分で構成される。データをネットワークに入力すると、入力層〜中間層でデータから特徴を抽出し、それを中間層〜出力層で組み合わせてさらに複雑な特徴を抽出する。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ビジネスのための使えるAI
世界のAIイベントカレンダー
見逃せない!
5日で読破する参考書+情報源
もっと理解を深めたい!
政府の会議を脱退した企業が警告
『AIで一発逆転』は幻想
▶▶Part2 期待、失望、そして…
『会社四季報』で発掘
AIと個人データのデリケートな関係
機械のミスは誰が責任を負う?
それ、本当に機械にやらせますか?
超コンピューティング時代のインフラ
メリットは? リスクは? 人材は?
横浜銀行(文字認識)
三井住友海上火災保険(文字認識)
オークローンマーケティング(画像認識)
NEC(画像認識)
日経新聞など報道各社(文字・画像認識)
RIZAP/ANA(行動データ分析)
はるやま商事(文字・画像認識)
キユーピー(画像認識)
AI導入のビジネス現場/日立製作所
「どういう意味?」と聞くに聞けない
文系でもスッキリわかる
▶▶Part1 知識0からのAI
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内