有料会員限定

AIビジネスの法的リスク 機械のミスは誰が責任を負う?

印刷
A
A

AIをビジネスに活用する際には、技術だけでなく法律の知識も不可欠だ。AIでは人間がある程度の設定を行った後は機械に判断を委ねる部分があるが、現在の法制度は人間が判断し、結果に対しても責任を負うことを前提として組み立てられているからだ。

また、近年のAI活用の主流である機械学習には、AIを賢くするために大量のデータが必要。このデータに関しては個人情報保護や知的財産権をめぐる問題が付きまとう。本稿では、AIを使ったビジネスや業務について、現行法の範囲で論点となりやすいポイントをQ&A形式でまとめた。

特集「ビジネスのための使えるAI」の他の記事を読む

Q1. AIを開発するために、顧客情報をIT会社に提供する必要があります。しかし社内の法務部門は、個人情報の取り扱いとして問題があるのではないかと慎重な姿勢です。どうすれば問題なく提供できますか?

個人情報保護法は個人情報の取り扱いを外部に委託することを認めている。ただし委託元は、委託先に適切な監督をする義務を負う。適切な監督かどうかの判断は主に、(1)適切な委託先を選定している、(2)委託契約を締結している、(3)委託先における個人データ取り扱い状況を把握している──の3点が基準だ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ビジネスのための使えるAI
世界のAIイベントカレンダー
見逃せない!
5日で読破する参考書+情報源
もっと理解を深めたい!
政府の会議を脱退した企業が警告
『AIで一発逆転』は幻想
▶▶Part2 期待、失望、そして…
『会社四季報』で発掘
AIと個人データのデリケートな関係
機械のミスは誰が責任を負う?
それ、本当に機械にやらせますか?
超コンピューティング時代のインフラ
メリットは? リスクは? 人材は?
横浜銀行(文字認識)
三井住友海上火災保険(文字認識)
オークローンマーケティング(画像認識)
NEC(画像認識)
日経新聞など報道各社(文字・画像認識)
RIZAP/ANA(行動データ分析)
はるやま商事(文字・画像認識)
キユーピー(画像認識)
AI導入のビジネス現場/日立製作所
「どういう意味?」と聞くに聞けない
文系でもスッキリわかる
▶▶Part1 知識0からのAI
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内