有料会員限定

官製開発ルールの的外れ 政府の会議を脱退した企業が警告

印刷
A
A

ディープラーニングの開発と活用を手掛けるプリファードネットワークス(PFN)は、国内のAI研究を牽引する有力ベンチャーだ。総務省が設置した産官学会議「AIネットワーク社会推進会議」に参加していたが、その内容がAI開発を萎縮させかねないと批判し、出席2回で脱退した。西川徹社長とともに会議の構成員を務めた丸山宏最高戦略責任者に論点を聞いた。

プリファードネットワークス最高戦略責任者 丸山 宏
まるやま・ひろし●1983年東工大大学院修士課程修了後、日本IBM入社。東京基礎研究所でAI研究に従事し、所長などを務めた。キヤノン、統計数理研究所を経て2016年4月から現職。(撮影:梅谷秀司)

特集「ビジネスのための使えるAI」の他の記事を読む

──会議の何が問題でしたか。

開発原則分科会でAI開発のガイドライン策定を検討していたが、議論を主導していた構成員の多くが機械学習、特にディープラーニングとは何かを十分に理解していなかったことだ。産業や企業の競争力の源泉となる機械学習をめぐる議論と、AIを漠然と恐れる議論がきちんと区別されていなかった。その結果、AIの可能性よりも脅威がより論じられていた。

たとえば事務局が提起した論点の一つに、「人間に捨てられ野良化したロボットが徒党を組み、参政権を要求したらどうすべきか」というものがあった。ここで想定しているAIは、人間と同レベルの知能を持った汎用型、いわゆる強いAIだ。だが現在の機械学習は、囲碁のような特定の問題にのみ対処できる特化型AI。そして現在の機械学習技術の延長線上には、汎用AIはない。少なくとも現時点では、野良ロボットの反乱という懸念は的外れなのだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ビジネスのための使えるAI
世界のAIイベントカレンダー
見逃せない!
5日で読破する参考書+情報源
もっと理解を深めたい!
政府の会議を脱退した企業が警告
『AIで一発逆転』は幻想
▶▶Part2 期待、失望、そして…
『会社四季報』で発掘
AIと個人データのデリケートな関係
機械のミスは誰が責任を負う?
それ、本当に機械にやらせますか?
超コンピューティング時代のインフラ
メリットは? リスクは? 人材は?
横浜銀行(文字認識)
三井住友海上火災保険(文字認識)
オークローンマーケティング(画像認識)
NEC(画像認識)
日経新聞など報道各社(文字・画像認識)
RIZAP/ANA(行動データ分析)
はるやま商事(文字・画像認識)
キユーピー(画像認識)
AI導入のビジネス現場/日立製作所
「どういう意味?」と聞くに聞けない
文系でもスッキリわかる
▶▶Part1 知識0からのAI
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内