有料会員限定

小売り編/トップ自ら考案、緻密な需要予測で圧倒 データ経営で「100円均一」

印刷
A
A
明るい店構えや雑貨を中心とした品ぞろえで「100均」業界をリードする

特集「今すぐ始めるデータ分析」の他の記事を読む

セリア

明るい内装とおしゃれな雑貨類の品ぞろえで、女性に人気の100円ショップ、セリア。売上高は1453億円(2017年3月期)と、業界首位・大創産業(ザ・ダイソー)の4200億円に次ぐ2位。ただ、前期比伸び率は、大創の6.3%に対して11%。また、業界3位のキャンドゥは4.3%、4位のワッツは3.9%。直近だけでなくここ数年も、増収率は競合各社を上回っており、セリアの勢いは目を引く。また、売上高営業利益率は10.4%と、キャンドゥの3.4%、ワッツの2.6%を大きく上回るだけでなく、小売り業全体の中でも高い水準を誇る。

セリアの高収益を支えているのが、業界に先駆けて導入したリアルタイムPOSシステム(04年導入)と、そのデータを基盤とした独自の発注支援システム(06年稼働)だ。

セリアの発注支援システムは、売れ筋商品がつねに適切に店頭に並ぶよう、発注する商品の品目や数量を最適化するというもの。

POSデータを基に、商品ごとの売れ行きの状況(購買指数、PI)を、全店と各店とで算出するのが基本的な仕組みだ。PIとは、単位顧客数当たりの商品販売数で、値が大きいほど、多くの顧客にその商品が売れたことを意味する。小売業で商品の売れ行きを測るための基本的な指標の一つだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
今すぐ始めるデータ分析
試してみよう「 散布図と回帰式」「重回帰分析」
ウェブサイトを検証
新定番グリーンスムージー
データ経営で「100円均一」
メルカリ、すかいらーく、成功企業は利用している
データ分析で解約率低減
視聴率一辺倒を超えた番組作り
[INTERVIEW]石黒不二代
顧客の特徴が丸裸になる!
[INTERVIEW]玉川勝
マーケティング王国の裏側
素人にもプロにも効果を発揮
▶▶Part2 企業戦略を変えるデータ分析
試してみよう「平均と標準偏差」「検定」
つねに「シンプル」を心掛けよ!
正確に分析すると、違う結果に
部下に「おかしい」と指摘できますか?
初心者でも可能な思考法
確率論で考え、熱を込めて実行せよ
▶▶Part1 ここから始めよう! データ分析
今すぐ始めるデータ分析
超基本&即戦力
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内