有料会員限定

渾然一体だった「表」と「裏」の社会 イトマン事件だけではない!

印刷
A
A
戦後最大の経済事件の舞台となったイトマン本社の入っていたビル

特集「最後の証言 バブル全史」の他の記事を読む

バンコク都心から車で2時間弱、大規模工業団地の中にジャノメタイランドの工場がある。お隣の韓国サムスン電子の家電工場に比べればやや小ぶりだが、従業員は1000人。売れ筋の家庭用ミシンを年間100万台生産し100カ国に輸出する。「日本から銀行の方が見学に見えると驚かれるんです」と、浅井浩一社長が言う。「『へぇ、こんなに大量に作っているんだ。ミシンなんて終わりかと思っていましたよ』と」。

親会社の蛇の目ミシン工業は一度“終わり”かけた。バブルのさなか、仕手集団・光進に株を買い占められ、価格の上がった株を引き取らせられることを含めて2000億円近いカネをむしり取られた。

以来26年間、配当したのは1回だけ。経営の神様と称される松下幸之助さえうらやんだ抜群の財務内容はガタガタになり、当時、入社まもない浅井社長の同期は半数が会社を去る。つらく、長い道だった。

虎の子の東京・小金井工場を売り、生産の主軸を台湾、タイに移した蛇の目は今年6月、事件以来2度目の復配にこぎ着ける。「今度こそ、1年限りの復配にはしない」。経営陣の胸を浸す切なる思いである。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
最後の証言 バブル全史
阪和興業会長 北修爾
米国は日本のバブルをどう見ていたか
株価、月収、就職人気…
大蔵省も想定外だった
兜町の重鎮2人に聞く
日本のウォール街の今昔
ライフコーポレーション会長 清水信次
ぜいたくするのが格好よかった
支払いは100万円の札束で
ブームの象徴「苗プリ」の今
エス・サイエンス会長 品田守敏
浮かれていられた最後の時代
現地ルポ
元伊藤忠商事社長 丹羽宇一郎
一晩で1人20万円超えも
データで見るバブル期の日本経済
イトマン事件だけではない!
元住友銀行支店長 山下彰則
乱脈融資に反社会勢力とのつながり
横尾宣政×十亀博光 証券OB対談
野口悠紀雄氏に聞く
河合弘之が明かすバブル紳士たちの横顔
最後の証言 バブル全史
今だから話せる狂乱の実像
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内