有料会員限定

[INTERVIEW]泉麻人 コラムニスト ぜいたくするのが格好よかった

印刷
A
A
コラムニスト 泉 麻人
いずみ・あさと●1956年生まれ。慶応大卒、出版社勤務を経て84年からフリー。著書に『東京いい道、しぶい道』『大東京23区散歩』など。(撮影:今井康一)

特集「最後の証言 バブル全史」の他の記事を読む

企業がおカネを使うときに、若者・女性ウケするお店をつくったり、テーマパークに出資したり、ディスコに出資したりした時代だった。 

コーポレートアイデンティティ(CI)もはやり言葉になった。それまで、日本の会社のロゴは「マルに糸」とか「マルに三」とか江戸時代の呉服屋のセンスだった。それが、この頃からデザイナーを使って、しゃれたロゴやマスコットを看板にしていく。ソフトの部分におカネが使われるようになった時代だった。

戦後に生まれた団塊の世代の人たちが、企業で指揮を執れる時代になったこともこうした流れを加速した。

東京ディズニーランドが1983年にオープンして、ユーミンのアルバムが全国的に売れだしてくる頃から、バブルにつながる流れができてきた。それは西武グループなどの企業と結び付き、苗場スキー場や逗子マリーナといったアーバンリゾートとして盛り上がっていく。

メセナに企業がおカネを使った時代でもある。「それをしなければ生き残れない」という雰囲気すらあった。鉄鋼などの堅い会社から、「東京のハヤリモノ」の話をしてくれという講演依頼もいくつかあった。また、学生が主催する行事に企業がカネを出して、大規模な合コンやディスコパーティを開く動きも多かった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
最後の証言 バブル全史
阪和興業会長 北修爾
米国は日本のバブルをどう見ていたか
株価、月収、就職人気…
大蔵省も想定外だった
兜町の重鎮2人に聞く
日本のウォール街の今昔
ライフコーポレーション会長 清水信次
ぜいたくするのが格好よかった
支払いは100万円の札束で
ブームの象徴「苗プリ」の今
エス・サイエンス会長 品田守敏
浮かれていられた最後の時代
現地ルポ
元伊藤忠商事社長 丹羽宇一郎
一晩で1人20万円超えも
データで見るバブル期の日本経済
イトマン事件だけではない!
元住友銀行支店長 山下彰則
乱脈融資に反社会勢力とのつながり
横尾宣政×十亀博光 証券OB対談
野口悠紀雄氏に聞く
河合弘之が明かすバブル紳士たちの横顔
最後の証言 バブル全史
今だから話せる狂乱の実像
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内