有料会員限定

▶▶証言1 80年代証券市場の実像 横尾宣政×十亀博光 証券OB対談

印刷
A
A

法人部隊での苛烈なノルマ営業の経験をつづった『野村證券 第2事業法人部』の著者である横尾宣政氏と、元大和証券副社長で証券界きっての論客として知られた十亀(そがめ)博光氏。日本の証券業界の黄金期と転落を知り尽くした2人が、バブルを振り返った(肩書きは当時、司会はジャーナリストの田中周紀氏)。

(撮影:梅谷秀司)

特集「最後の証言 バブル全史」の他の記事を読む

──まず横尾さんにお聞きします。バブル期はどんな印象でしたか。

横尾 1985年のプラザ合意から円高になり、半導体など輸出企業の株価が急落した。そこで野村証券の主導で円高・低金利相場、不動産相場に持っていった。土地をベースに、実力以上に企業価値を膨らませた株価だから、不動産融資の総量規制などで政策がガラッと変わると、株価も思い切り落ちてしまう。

さらに91年の損失補塡問題で、大蔵省(現・財務省)がめちゃくちゃな足かせをつけたものだから、がんじがらめになった証券会社はビビって動けなくなってしまった。

『野村證券第2事業法人部』著者 横尾宣政
よこお・のぶまさ●1954年生まれ。78年京都大学経済学部卒業、野村証券入社。新宿野村ビル支店長などを経て98年独立。オリンパス巨額粉飾事件で粉飾を指南したとして2012年に逮捕され、懲役5年の実刑判決。最高裁に上告中。(撮影:梅谷秀司)

──不動産相場、円高・低金利相場は、野村が仕掛けた部分があった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
最後の証言 バブル全史
阪和興業会長 北修爾
米国は日本のバブルをどう見ていたか
株価、月収、就職人気…
大蔵省も想定外だった
兜町の重鎮2人に聞く
日本のウォール街の今昔
ライフコーポレーション会長 清水信次
ぜいたくするのが格好よかった
支払いは100万円の札束で
ブームの象徴「苗プリ」の今
エス・サイエンス会長 品田守敏
浮かれていられた最後の時代
現地ルポ
元伊藤忠商事社長 丹羽宇一郎
一晩で1人20万円超えも
データで見るバブル期の日本経済
イトマン事件だけではない!
元住友銀行支店長 山下彰則
乱脈融資に反社会勢力とのつながり
横尾宣政×十亀博光 証券OB対談
野口悠紀雄氏に聞く
河合弘之が明かすバブル紳士たちの横顔
最後の証言 バブル全史
今だから話せる狂乱の実像
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内