有料会員限定

[INTERVIEW]東京大学教授 吉見俊哉 浮かれていられた最後の時代

印刷
A
A
東京大学大学院 情報学環 教授 吉見俊哉
よしみ・しゅんや●1957年東京生まれ、81年東大卒。2000年に東大教授、04年から現職。著書に『親米と反米』『ポスト戦後社会』など。(撮影:大澤 誠)

特集「最後の証言 バブル全史」の他の記事を読む

赤坂、六本木、青山、原宿、渋谷など、バブル期にいちばんおしゃれだといわれて若者たちが集まり、地上げの標的にもなった場所をたどると、大体が国道246号(旧大山街道)の沿線だ。ずっとたどれば東急・田園都市線沿線のたまプラーザとか、相模原、厚木まで行く。

246号沿いには戦前、陸軍施設が集中していた。日本が負けたとき、米軍は相模湾から神奈川県へ入り、この国道を通って東京に向かい、旧陸軍施設は撤収され米軍施設に取って代わられていった。だから戦後の東京の文化は米国のミリタリーカルチャーがベースにある。米国の植民地構造の中に入ったのだが、そのことは1960年代から70年代になると忘れられていき、80年代の消費社会を迎える。83年にはアメリカナイゼーションの極致である東京ディズニーランドがオープンしたが、自然に受け入れられた。

バブル時代を支えたのが消費社会化と情報社会化。一家に1台だった電話機にワイヤレスの子機がつくと「私の電話」に近いコミュニケーションツールになる。だからすでに家族という単位が解体され、個人化し始めていたのだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
最後の証言 バブル全史
阪和興業会長 北修爾
米国は日本のバブルをどう見ていたか
株価、月収、就職人気…
大蔵省も想定外だった
兜町の重鎮2人に聞く
日本のウォール街の今昔
ライフコーポレーション会長 清水信次
ぜいたくするのが格好よかった
支払いは100万円の札束で
ブームの象徴「苗プリ」の今
エス・サイエンス会長 品田守敏
浮かれていられた最後の時代
現地ルポ
元伊藤忠商事社長 丹羽宇一郎
一晩で1人20万円超えも
データで見るバブル期の日本経済
イトマン事件だけではない!
元住友銀行支店長 山下彰則
乱脈融資に反社会勢力とのつながり
横尾宣政×十亀博光 証券OB対談
野口悠紀雄氏に聞く
河合弘之が明かすバブル紳士たちの横顔
最後の証言 バブル全史
今だから話せる狂乱の実像
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内