ソニー幹部が語る、2011年度に向けての戦略[上]--吉岡浩・執行役副社長


 新興国といっても、中国、インド、ブラジルと、国ごとに戦略が異なる。ひとくくりにして語れるものではないので、それぞれの特性を調査して商品を開発していく必要がある。最近は安価な製品ばかりが買われる傾向があるが、今後は付加価値のあるものも増やしてバランスをとっていきたい。
 
--2010年度に好調だったデバイスは。

デジタルカメラとCMOSといったイメージセンサが好調だった。デジタルカメラは新技術を採用した新商品が伸びた。

また、高機能なCMOSがスマートフォンやデジタルカメラ向けに増えている。3年前は、カメラに入っていればいい、と安価なCMOSが中心だったが、今年の前半くらいから状況が変わり、高感度や大判のCMOSの引き合いが増えている。現在の生産体制では不足するのが明らかなので、2011年度は増産体制に向けた設備投資を考えている。

--リチウムイオン電池について。

自動車メーカーと協議が始まっていて、実際にサンプルを評価していただいているところ。これから中国メーカーなどが安いものを作ってくることが予想されるので、いかに技術で先行するかが大事になってくる。他社に負けないバッテリーの技術開発を行っていきたい。
[下]平井一夫執行役EVPに続く→こちら
(前田 佳子 =東洋経済オンライン)

◆ソニーの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • インフレが日本を救う
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。