ソニー幹部が語る、2011年度に向けての戦略[下]--平井一夫・執行役EVP

ソニー幹部が語る、2011年度に向けての戦略[下]--平井一夫・執行役EVP

(<上>から続く)
 平井一夫執行役EVP(ソニー・コンピュータエンタテインメント社長兼グループCEO)との一問一答は以下のとおり。

--コンテンツ配信サービス「Qriocity」について。

すでにビデオオンデマンドのサービスは欧米でスタートしているが、順次広げていく。その国のローカルコンテンツを積極的に持ってきて、マーケットに特化した内容にして各国で展開していきたい。今後はQriocityで、ソーシャルやコミュニティなど友達の輪を広げるサービスの展開も考えている。

基本的にQriocityは、ソニー商品の魅力を上げるためのサービス、と短期的には考えている。3~5年後に大きくなれば、他社商品にも対応することは否定はしないが、ソニー商品向けサービスというのが基本戦略になる。

--ソニーでは音楽配信も開始したが、アップルの「iTunes」を抜けるのか。

音楽配信サービスにおいて、iTunesのビジネスモデルは確立されており、ローカルのコンテンツも集めたダウンロード型のサービスとなっている。同じモデルを追いかけてはユーザーにアピールできない。

あえて今回は、クラウド上でコンテンツを管理する方式をとった。クラウド上でストリーミングするサービスは初の試みだ。パソコンに入っている音楽を、さまざまなソニーのデバイスで楽しむことができる。切り口の違うサービスを展開するのが差異化になるし、ユーザーメリットもあると考えている。サービスの料金体系は、3.99ユーロと9.99ユーロの2つになる。イギリスとアイルランドでサービスを開始したが、順次広げていきたい。

また、現在はパソコン「VAIO」と「プレイステーション3」、ネットワーク対応の液晶テレビ「ブラビア」、Blu−rayにしか対応していないので、今後は携帯電話やウォークマン、「PSP(プレイステーションポータブル」)などへも広げていく。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。