ドイツ財務相「ギリシャが想定上回る改善]

ショイブレ財務相、ギリシャの改革を評価

 12月18日、ドイツのショイブレ財務相は、ギリシャは数年前の想定よりも良い状況にあるとの見方を示した。写真はベルリンで同日撮影(2014年 ロイター/Hannibal Hanschke)

[ベルリン 18日 ロイター] - ドイツのショイブレ財務相は18日、ギリシャは数年前の想定よりも良い状況にあり、改革は実を結び始めているとの見方を示した。

ドイツ議会はこの日、ギリシャに対する欧州連合(EU)支援プログラムの2カ月延長と予備的信用枠の提供に向けた交渉の開始を承認。

財務相は議会で、「ギリシャの人々にとって、改革は実を結び始めている。労働市場の改革によって競争力が増し、今年の財政赤字はEU規定の範囲内となる見通しだ」と述べた。

その上でギリシャの経済成長率が今年0.6%となり、来年はさらに加速する見通として、「すでに進められている改革が継続すれば、ギリシャは一段の成果を達成できる」とした。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。