2017年度の主要業種産業天気図 絶好調の建設、転換期の自動車など

印刷
A
A

企業業績は着実な回復を遂げつつある。2016年度(多くの企業では17年3月期)は、約900社以上の純利益が最高益となる。さらに円高の一服や設備投資の増加を前提にすると、17年度には約1000社がこれを更新する。主要産業の産業天気図と、注目業種(自動車、商社、電気機器、小売り、建設・不動産、銀行)を解説する。

自動車
円高一服で利益回復 北米が波乱要因に

自動車業界は為替が安定し、17年度は利益が回復する。グローバルでの販売台数は各社で差があるが、緩やかな拡大が続く。

日産自動車は17年度に純利益が5900億円となり過去最高を更新する。ホンダも純利益が5700億円となり過去最高となる。トヨタ自動車の純利益は17年度から回復し2兆円に近づくが、過去最高には及ばない。

各社ともおおむね順調だが、不安要素も見え隠れしている。

最大の焦点は北米市場の動向だ。足元では日系自動車メーカーが得意とするセダンやコンパクトカーが苦戦している。値引き競争が激化しており、値引き原資としてメーカーが販売店に支払う販売奨励金が増加している。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
絶好調企業
1114社の理論株価を一挙掲載
市場が期待する出世銘柄を探せ
五味大輔氏と片山晃氏が大株主の企業
安定した業績&配当収入に妙味
長年の雌伏を経て純利益を更新
来期純利益が最高&資本効率がよい
▶▶『会社四季報』有望銘柄ランキング300
2017年度の主要業種産業天気図
絶好調の建設、転換期の自動車など
「客の要望をよく聞き本業に枝葉をつける」
日本M&Aセンター、エムスリー、FPG…
ライオン、ミスミ、五洋建設、ダイキン…
「素材の製品化に注力、黒子役からの脱却も」
コスモス薬品、スタートトゥデイ…
最高益更新率ランキング
2016年度に続き17年度も最高益続出
2017年この会社がスゴい! 絶好調企業
「会社四季報」最新号で来期を占う
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内