有料会員限定

[伸びる企業-1] 消費停滞をはね返す コスモス薬品、スタートトゥデイ…

印刷
A
A

コスモス薬品
狭い商圏を深掘り、「毎日低価格」で成長

小さな商圏に出店、食品中心の品ぞろえ。ドラッグストアというよりスーパー

特集「絶好調企業」の他の記事を読む

コスモス薬品の勢いが止まらない。本社(福岡市)のある九州が地盤で、中国、四国、関西へと出店し、今は中部地方にまで広がっている。店舗網は791店舗(2月末時点)にまで拡大した。

売り場面積2000平方メートル(約600坪)のメガドラッグストア業態が主力だ。通常は採算が取りにくい1万人の小商圏に、自社競合を恐れず大型店舗を展開していくのが最大の特徴。ピンクやエメラルドグリーンで派手にペイントされた店舗外観は、九州の幹線道路沿いでは見慣れた風景になっている。

九州はディスカウント王国だ。所得水準が全国平均と比べて低く客の低価格志向が強いうえ、大型店を出店する際にハードルとなる土地価格も低い。そのため、トライアルやミスターマックス、ルミエール、ダイレックスなどの有力ディスカウント店がこの地で創業し、しのぎを削る。その中でも、コスモス薬品は九州一の売上高を誇る。

ピンクの外観は遠くからでも目立つ。調剤薬局は1店舗のみだ

毎日安いから客も安心して来店

強さの秘訣は、ディスカウント王国で磨き上げた低価格と集客力にある。象徴的なのが同社の食品売り場。同業の大手上場ドラッグストアは売上高に占める食品構成比が1~3割程度だが、コスモス薬品の同比率は55%にもなる。生鮮3品以外なら菓子、加工食品、冷凍食品など何でも格安で販売しているため、ドラッグストア業界からは「コスモス食品」と揶揄されるほどだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
絶好調企業
1114社の理論株価を一挙掲載
市場が期待する出世銘柄を探せ
五味大輔氏と片山晃氏が大株主の企業
安定した業績&配当収入に妙味
長年の雌伏を経て純利益を更新
来期純利益が最高&資本効率がよい
▶▶『会社四季報』有望銘柄ランキング300
2017年度の主要業種産業天気図
絶好調の建設、転換期の自動車など
「客の要望をよく聞き本業に枝葉をつける」
日本M&Aセンター、エムスリー、FPG…
ライオン、ミスミ、五洋建設、ダイキン…
「素材の製品化に注力、黒子役からの脱却も」
コスモス薬品、スタートトゥデイ…
最高益更新率ランキング
2016年度に続き17年度も最高益続出
2017年この会社がスゴい! 絶好調企業
「会社四季報」最新号で来期を占う
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内