JT小泉社長、「ルーブル暴落は想定外だ」

たばこシェア3割超のロシア市場がピンチ

急速に進むルーブル安に対し、「ウルトラCの解決策はない」と語る小泉光臣JT社長(撮影:梅谷秀司)

「来年度もルーブルがこのままの水準が続くと相当な影響を受ける。ウルトラCのような解決策があるかというと、ない」――。JTの小泉光臣社長は最近のルーブル急落による業績への影響をこう語る。

JT(日本たばこ産業)は売上高の52.9%、営業利益の58.0%を海外たばこ事業が稼ぐ(2013年度)。その海外市場で最も大きな割合を占めるのがロシアだ。

ロシアのたばこ市場は急縮小

JTはロシアのたばこ市場において、35.7%のシェアを有し(2014年6月時点)、業界首位の座にいる。13年度は円安による換算上のカサ上げ効果があったものの、ロシアとウクライナなど旧ソ連地域における売上高はJT全体の18%、調整後EBITDA(営業利益に減価償却費などを足した指標)は同24%にのぼる。

ロシアはJTにとって海外において最重要の市場だが、状況はきわめて厳しい。たばこ市場が日本以上のスピードで縮小しているのだ。ロシアでは、たばこの規制強化と度重なる増税で需要減が進み、14年7月~8月の市場規模は前年同期比10.4%減となった(JTインターナショナル調べ)。それでも、これまでは販売数量減を値上げ効果、高価格品の伸びで吸収し、売り上げ、利益ともに成長させてきた。しかし、足元のルーブル安でさらに市場環境は厳しくなるものとみられる。

次ページルーブル安が1%進むと・・・
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT