JT小泉社長、「ルーブル暴落は想定外だ」

たばこシェア3割超のロシア市場がピンチ

急速に進むルーブル安に対し、「ウルトラCの解決策はない」と語る小泉光臣JT社長(撮影:梅谷秀司)

「来年度もルーブルがこのままの水準が続くと相当な影響を受ける。ウルトラCのような解決策があるかというと、ない」――。JTの小泉光臣社長は最近のルーブル急落による業績への影響をこう語る。

JT(日本たばこ産業)は売上高の52.9%、営業利益の58.0%を海外たばこ事業が稼ぐ(2013年度)。その海外市場で最も大きな割合を占めるのがロシアだ。

ロシアのたばこ市場は急縮小

JTはロシアのたばこ市場において、35.7%のシェアを有し(2014年6月時点)、業界首位の座にいる。13年度は円安による換算上のカサ上げ効果があったものの、ロシアとウクライナなど旧ソ連地域における売上高はJT全体の18%、調整後EBITDA(営業利益に減価償却費などを足した指標)は同24%にのぼる。

ロシアはJTにとって海外において最重要の市場だが、状況はきわめて厳しい。たばこ市場が日本以上のスピードで縮小しているのだ。ロシアでは、たばこの規制強化と度重なる増税で需要減が進み、14年7月~8月の市場規模は前年同期比10.4%減となった(JTインターナショナル調べ)。それでも、これまでは販売数量減を値上げ効果、高価格品の伸びで吸収し、売り上げ、利益ともに成長させてきた。しかし、足元のルーブル安でさらに市場環境は厳しくなるものとみられる。

次ページルーブル安が1%進むと・・・
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • なにわ社長の会社の磨き方
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。