有料会員限定

就活生&親必読! ブラック企業はこう見抜け 『ブラック企業』著者・今野晴貴氏に聞く

印刷
A
A

NPO法人POSSE代表 今野晴貴

キャリアという視点から情報収集が特に重要となるのが、就職活動の時期だ。入社後に違法なサービス残業で社員を酷使する“ブラック企業”が社会問題化している。就職ランキング上位の企業でも、新入女性社員が過労自殺した電通のように、実は労働面に問題を抱えていることがある。就職後に「こんなはずではなかった」と後悔しないために、どうブラック企業を見極めればいいのか。年間約1000件以上の労働相談に応じるNPO法人POSSEの今野晴貴代表に聞いた。

こんの・はるき / 1983年生まれ。著書『ブラック企業』で大佛次郎論壇賞受賞。近著に『求人詐欺』など。(撮影:風間仁一郎)

特集「情報の裏側」の他の記事を読む

Q1.ブラック企業とは何者なのか

ブラック企業とは狭義には、若者を大量に採用し、マニュアル化された単純労働や違法なサービス残業を強要して使い潰し、次々と離職に追い込む企業と定義できます。外食や小売り、介護、保育、IT、不動産といった業界の新興企業に多く、2010年代に入って問題が深刻化しています。こうした企業ではいくら働いてもスキルが身に付かず、中長期的なキャリアアップにもつながりません。

狭義のブラック企業では、就活の際に目にする求人票に実態が書かれていない「求人詐欺」が横行しています。たとえば求人票に「月給30万円」と書かれていても、実際は「基本給15万円」に、「残業代15万円」を足した金額であり、実際の時給は最低賃金以下であるケースが散見されます。休日にも「ボランティア」という名目で、無給労働を課す企業も目立ちます。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
情報の裏側
書棚もすごいが実はデジタル機器も超活用
週刊誌もひとごとでない「禁じ手」記事蔓延
『ブラック企業』著者・今野晴貴氏に聞く
達人が指南!アナリストたちの情報収集法
ファンドラップ口座から海外不動産投資まで
世の中が右を見ている時には左を疑ってみろ
コンビニ、ビール、食品…営業&開発の情報戦
▶▶Part2賢人の戦略/本、ネット、人脈
[INTERVIEW]山本一郎
[INTERVIEW]アンドリュー・レフト
日本経済新聞のニュース判断を信じられるか
ネットでググっただけの「真実」振りかざす
チャンスは民主党の悪名、徹底追及で劇的浮上
DeNAのキュレーションはどこで間違った?
[INTERVIEW]ジャーナリスト・池上彰
ググるだけではカモられる! 情報の裏側
情報洪水の現代で賢く生きるための処方箋
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内