有料会員限定

大ヒット商品の誕生の肝は"情報"にあり コンビニ、ビール、食品…営業&開発の情報戦

印刷
A
A

ビジネスの成否は情報が握っている。企業の営業や開発の現場ではどんな情報が武器となるのか。

ファミリーマート

(撮影:梅谷秀司)

特集「情報の裏側」の他の記事を読む

「普段から多くの情報に接するが、最終的には現場に足を運んで見聞きしたことを大切にしている」。ファミリーマートで商品開発に携わる山岡美奈子氏はこう語る。

商品本部でパスタやサンドイッチなどの開発部隊を率いる山岡氏。常日頃から食に関する情報収集に明け暮れている。テレビや雑誌のグルメ特集はもちろん、最近ではニュースアプリ「グノシー」からも流行している食の情報を入手しているという。

とはいえ、2次情報をそのまま鵜呑みにすることはない。行列ができる飲食店があれば足を運び、自ら商品をチェックする。しかも自分一人で行くわけではない。取引関係がある食品メーカーの担当者を誘うことが多々あるという。

「メーカーの方々とお店に足を運ぶと、商品化ができるかという具体的な目安を知ることができる」(山岡氏)。実際にこのような機会を通じて商品化された例がある。2015年9月に発売された「熟成ロースカツサンド」だ。

開発の初期段階で食品メーカーの担当者と協力して、あらゆる店のカツサンドを買い集めて味見を繰り返した。開発期間は通常商品の2倍に当たる6カ月。価格は430円(税込み)と弁当類に近い値段にもかかわらず、発売当初は品切れ店舗が続出するなど大ヒット商品となった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
情報の裏側
書棚もすごいが実はデジタル機器も超活用
週刊誌もひとごとでない「禁じ手」記事蔓延
『ブラック企業』著者・今野晴貴氏に聞く
達人が指南!アナリストたちの情報収集法
ファンドラップ口座から海外不動産投資まで
世の中が右を見ている時には左を疑ってみろ
コンビニ、ビール、食品…営業&開発の情報戦
▶▶Part2賢人の戦略/本、ネット、人脈
[INTERVIEW]山本一郎
[INTERVIEW]アンドリュー・レフト
日本経済新聞のニュース判断を信じられるか
ネットでググっただけの「真実」振りかざす
チャンスは民主党の悪名、徹底追及で劇的浮上
DeNAのキュレーションはどこで間違った?
[INTERVIEW]ジャーナリスト・池上彰
ググるだけではカモられる! 情報の裏側
情報洪水の現代で賢く生きるための処方箋
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内