有料会員限定

松下政経塾は民主党政権の失敗を挽回できるか 幸之助思想から離れすぎた実態を反省

✎ 1〜 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 5 ✎ 最新
拡大
縮小

国家100年の大計を作り、実践する──。1979年、松下幸之助が84歳のとき、上記のような人材を育成しようと設立したのが松下政経塾である。

神奈川県茅ヶ崎市にある同塾には、約2万平方メートルの敷地に研修棟や寮、茶室、体育館などが並び、今も20~30代の計18名の塾生が在籍する。

全寮制で塾生は寝食を共にしながら4年間の研修期間を過ごす。前半2年は茅ヶ崎の塾を拠点に座学中心の合同研修。後半2年はおのおのが希望するテーマで現場実習に臨む。

運営資金は幸之助の私財の運用益で賄っており、入学金や日々の活動資金は不要。ちなみに2015年3月時点の純資産は約120億円で、14年度の運営資金は運用収入約4億円にて賄った。

塾生は毎朝5時半に起床し、掃除やジョギングに汗を流す。朝食後の朝会では幸之助の『道をひらく』の一節を読み上げるという。心身を鍛えるため、毎年秋には24時間以内で完歩する「100km行軍」を行うなどの伝統行事もある。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
松下幸之助
多くの宗派とつながるが、どこにも帰依せず
2人の偉人に学ぶ「客観力」
日米の天才経営者の共通点と相違
幸之助思想から離れすぎた実態を反省
63年前のインタビュー記事を完全収録!
気骨ある大阪商人が大挙したあの時代
熱海会談、VHSビデオ選択、人生の葛藤も
会長退任後は国家、社会に提言し続けた幸之助
「神様」と呼ばれた男の生涯1
"割れないガラス"落とし「割れるやないか!」
日本人に愛されたベストセラーはどれか
モデル押切もえのプロ意識を磨いた幸之助の本
男子禁制「幸之助女子会」に潜入してみた
ハローキティなどコラボ本も出たベストセラー
人生と仕事に効く幸之助40の言葉(3)
人生と仕事に効く幸之助40の言葉(2)
人生と仕事に効く幸之助40の言葉(1)
ひょっとすると松下政経塾1期生だった可能性
柳井正、澤田秀雄、津賀一宏
リーダーが語る幸之助の読み方・使い方(3)
リーダーが語る幸之助の読み方・使い方(2)
リーダーが語る幸之助の読み方・使い方(1)
小宮氏がレクチャーする
経営コンサルタント 小宮一慶
1分で最速おさらい「経営の神様」伝説
没後27年経っても、毎年10万部という驚異
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料法人プランのご案内