有料会員限定

中国のEU新戦略 英国離脱を奇貨とする

印刷
A
A
昨年10月の訪英時、習近平主席は英中関係を「黄金時代」と表現(代表撮影/ロイター/アフロ)

特集「EU危機」の他の記事を読む

「英中関係は黄金時代を迎える」。中国の習近平国家主席が訪問先の英国でそう胸を張ったのはわずか9カ月前の昨年10月のことだ。この訪英に合わせ英中企業は総額400億ポンド(約5.5兆円)もの巨額契約を締結した。しかし、英国のEU(欧州連合)離脱をめぐる国民投票の結果を受け、黄金時代の先行きに不透明感が漂い始めた。

中国の国際展開上、英国が果たす役割は大きい。第一に、英国は中国に対し最も理解のある先進国としてEUへのゲートウェー役を担ってきた。原子力発電所輸出に注力する中国による欧米初の原発建設を受け入れたのは英国であり、ロンドンに本部を置く欧州復興開発銀行(EBRD)への中国の参加も積極的に支援した。特に昨年中国主導で創設されたアジアインフラ投資銀行(AIIB)に英国が先進国ではいち早く参加を表明、フランス、ドイツ、イタリアが雪崩を打ってこれに続いたのは記憶に新しい。

EU内で議論が続く中国の市場経済国認定問題でも英国は認定に前向きで、EUと中国の投資協定や自由貿易協定の締結にも積極的だ。今後、英国の欧州での影響力低下は必至で、中国にとっては大きな誤算だ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
EU危機
英国離脱を奇貨とする
米国の影響力薄れ
ウォール街究極のリスク
盟友・米国経済の行方
[誌上講義4]地政学
ストラテジスト3氏に聞く
日米株式はどうなる?
[INTERVIEW]経済アナリスト 豊島逸夫
[誌上講義3]為替
英国の離脱に悪乗り
異論あり! 離脱こそ経済合理的
英国とEUはどこへ向かう2
英国とEUはどこへ向かう1
最新版欧州総覧
メルケル最大の危機
欧州各国で勢いを増す
腹の底ではドイツを疑う
経済データで丸わかり
英国の政界に辞任ドミノ
[誌上講義2 政治]英国に解体のリスク
[誌上講義1 経済]世界の格差が拡大
英国の離脱が世界に波及
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内