有料会員限定

ドイツがおびえるEU崩壊の危険度 メルケル最大の危機

印刷
A
A
「よいところだけを取ることは許されない」とメルケル首相英・キャメロン首相(右)と話すメルケル首相 ©European Union

特集「EU危機」の他の記事を読む

「EUから脱退する国は、加盟国とはまったく異なる扱いを受ける。単一市場の利益を享受したい国は、域内の人間、物、サービス、資本の移動の自由を保証しなくてはならない。義務を果たさず、よいところだけを取ることは、許されない」。ドイツのアンゲラ・メルケル首相は6月28日に連邦議会で行った演説の中で、そう断言した。異例の厳しい口調で「英国はEU域内での移動と就職の自由を保証しないかぎり、単一市場から締め出される」という姿勢を明確にした背景には、ドイツがEUの将来について抱く、深い懸念がある。

その懸念とは、英国の「反EU症候群」が他国に伝染することだ。EUに反旗を翻すポピュリスト政党が躍進しているのは、英国だけではない。ここ数年、フランス、オランダ、オーストリアなどの国々でも、EUに批判的なポピュリスト政党の支持率が急激に高まっている。

ドイツでは、全国規模の国民投票は禁止されている。だがこの国でも、「ドイツのための選択肢(AfD)」という反EU色の強い右派ポピュリスト政党が支持率を伸ばしつつある。3月に三つの州で行われた州議会選挙では、同党が2ケタの得票率を記録し、議会入りした。全国規模で見ても、同党の支持率は約10%で、来年の連邦議会選挙で議会入りするのは確実とみられている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
EU危機
英国離脱を奇貨とする
米国の影響力薄れ
ウォール街究極のリスク
盟友・米国経済の行方
[誌上講義4]地政学
ストラテジスト3氏に聞く
日米株式はどうなる?
[INTERVIEW]経済アナリスト 豊島逸夫
[誌上講義3]為替
英国の離脱に悪乗り
異論あり! 離脱こそ経済合理的
英国とEUはどこへ向かう2
英国とEUはどこへ向かう1
最新版欧州総覧
メルケル最大の危機
欧州各国で勢いを増す
腹の底ではドイツを疑う
経済データで丸わかり
英国の政界に辞任ドミノ
[誌上講義2 政治]英国に解体のリスク
[誌上講義1 経済]世界の格差が拡大
英国の離脱が世界に波及
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内