有料会員限定

アベノミクス果てしなき暴走 英国の離脱に悪乗り

印刷
A
A
「世界経済が大きなリスク」発言は物議をかもしたが、今や「先見の明」?(撮影:尾形文繁)

特集「EU危機」の他の記事を読む

安倍晋三首相はやはり「持っている男」なのか──。

消費増税の2年半の再延期を表明した6月1日、安倍首相は「(増税延期の事由としてきた)リーマンショック級の事態は現時点で発生していないが、世界経済が大きなリスクに直面している。日本として財政出動を含めた政策総動員を行う」と説明した。

それから3週間余り経った24日、EU(欧州連合)からの離脱を決めた英国の国民投票結果が判明すると、世界の金融市場で安全資産へ資金を逃避させる大規模なリスクオフが巻き起こった。日経平均株価は1日で1000円以上値下がりし、年初来安値へつるべ落とし。為替も一時1㌦=99円台をつけ、大幅なドル安円高が進行した。

[図表1]
拡大する

こうした中、永田町や霞が関には「英国EU離脱『緊急経済対策』の提案」と題されたA4判3ページのペーパーが出回っている。29日に自民党の二階俊博総務会長が「与党として全面的にバックアップ申し上げたい」として、安倍首相に総額20兆円もの財政出動を提言したときのものだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
EU危機
英国離脱を奇貨とする
米国の影響力薄れ
ウォール街究極のリスク
盟友・米国経済の行方
[誌上講義4]地政学
ストラテジスト3氏に聞く
日米株式はどうなる?
[INTERVIEW]経済アナリスト 豊島逸夫
[誌上講義3]為替
英国の離脱に悪乗り
異論あり! 離脱こそ経済合理的
英国とEUはどこへ向かう2
英国とEUはどこへ向かう1
最新版欧州総覧
メルケル最大の危機
欧州各国で勢いを増す
腹の底ではドイツを疑う
経済データで丸わかり
英国の政界に辞任ドミノ
[誌上講義2 政治]英国に解体のリスク
[誌上講義1 経済]世界の格差が拡大
英国の離脱が世界に波及
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内