有料会員限定

英米型資本主義の終焉 [誌上講義1 経済]世界の格差が拡大

印刷
A
A

岩井 克人 国際基督教大学客員教授

英国のEU(欧州連合)離脱によって世界はどう変わるのか。資本主義のあり方や欧州統合に与える影響とは──。理論経済学の大家である岩井克人・国際基督教大学客員教授に聞いた。

いわい・かつひと●1947年生まれ。東京大学経済学部卒業、72年米マサチューセッツ工科大学経済学部大学院博士号取得。米イェール大学助教授、東京大学教授などを経て現職。東京財団名誉研究員。近著に『経済学の宇宙』など。(撮影:梅谷秀司)

特集「EU危機」の他の記事を読む

私は英国のEU離脱は、冷戦以降英米が主導してきたグローバル資本主義の転換点になると考えている。

なぜか。もともとグローバル資本主義は1980年代に入り、サッチャー英首相やレーガン米大統領らが先導して進めた。政府の役割を最小限に減らし規制緩和や自由貿易を推進することで、国民所得を増やし、市場の安定性を高めるという考え方である。

89年にベルリンの壁が崩壊し、旧ソ連も消滅したことで、英米型のグローバル資本主義は独り勝ちの状態となった。しかし、そこには格差拡大という落とし穴があった。

英国ではボリス・ジョンソン氏が率いたEU離脱派が勝利し、米国ではドナルド・トランプ旋風が巻き起こり、民主社会主義者を名乗るバーニー・サンダース氏が多くの支持を集めた。いずれも底流にあるのは格差問題だ。すなわちグローバル資本主義の恩恵にあずかるエリート層に対し、困窮を強いられる非エリート層の反発が強まっているのだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
EU危機
英国離脱を奇貨とする
米国の影響力薄れ
ウォール街究極のリスク
盟友・米国経済の行方
[誌上講義4]地政学
ストラテジスト3氏に聞く
日米株式はどうなる?
[INTERVIEW]経済アナリスト 豊島逸夫
[誌上講義3]為替
英国の離脱に悪乗り
異論あり! 離脱こそ経済合理的
英国とEUはどこへ向かう2
英国とEUはどこへ向かう1
最新版欧州総覧
メルケル最大の危機
欧州各国で勢いを増す
腹の底ではドイツを疑う
経済データで丸わかり
英国の政界に辞任ドミノ
[誌上講義2 政治]英国に解体のリスク
[誌上講義1 経済]世界の格差が拡大
英国の離脱が世界に波及
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内