有料会員限定

EUとの離脱交渉は長期化必至 英国の政界に辞任ドミノ

印刷
A
A
ゴーブ司法相(左)は保守党党首選でもジョンソン前ロンドン市長を支えるとみられていたが…(代表撮影/ロイター/アフロ)

特集「EU危機」の他の記事を読む

いったい誰が、EU(欧州連合)離脱の交渉を担うのか──。英国の次の指導者が見えない中、交渉の行方も混沌としている。国民投票に向けて離脱支持派を率いたボリス・ジョンソン前ロンドン市長は6月30日昼前の会見で突如、保守党党首選に出馬しないと表明した。

多くの市民から「ボリス」と親しみを込めて呼ばれていたジョンソン氏は、国民投票後に辞意を表明したキャメロン首相の後継の最有力候補とみられていた。

同じ離脱派としてキャンペーン期間中にジョンソン氏を支えたマイケル・ゴーブ司法相が方針転換し、党首選出馬へ踏み切ったのが大きな打撃になった、との受け止め方が支配的だ。ゴーブ氏は出馬を固辞してきたが、地元メディアとのインタビューで「ジョンソン氏は党や国を一つにまとめる能力がない」と批判。自ら現首相の後任に名乗りを上げた。

ロンドン市民から愛されたジョンソン氏だったが、保守党内部には同氏の政治手腕を疑問視する向きが少なくなかった。ゴーブ氏は「筋金入りの離脱派」(みずほ総合研究所の吉田健一郎・上席主任エコノミスト)。一方、ジョンソン氏は2月に離脱支持を宣言。それ以降、離脱派の中心人物としてキャンペーンを牽引したが、「もともとはEU離脱に賛成でなく、キャメロン首相と一線を画すために転向した」との指摘があった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
EU危機
英国離脱を奇貨とする
米国の影響力薄れ
ウォール街究極のリスク
盟友・米国経済の行方
[誌上講義4]地政学
ストラテジスト3氏に聞く
日米株式はどうなる?
[INTERVIEW]経済アナリスト 豊島逸夫
[誌上講義3]為替
英国の離脱に悪乗り
異論あり! 離脱こそ経済合理的
英国とEUはどこへ向かう2
英国とEUはどこへ向かう1
最新版欧州総覧
メルケル最大の危機
欧州各国で勢いを増す
腹の底ではドイツを疑う
経済データで丸わかり
英国の政界に辞任ドミノ
[誌上講義2 政治]英国に解体のリスク
[誌上講義1 経済]世界の格差が拡大
英国の離脱が世界に波及
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内