有料会員限定

通貨の信認が崩れ金買いは止まらない [INTERVIEW]経済アナリスト 豊島逸夫

印刷
A
A

英国ショックで市場が大波乱に陥った中、目立ったのが円高急伸のほか、金価格の上昇だった。金相場の動向に詳しい経済アナリストの豊島逸夫氏に今後の展開について聞いた。

としま・いつお●一橋大学卒。邦銀を経てスイス銀行外国為替貴金属トレーダーに。現在は独立系の立場から経済情報を発信。(撮影:ヒダキトモコ)

特集「EU危機」の他の記事を読む

2008年のリーマンショック再来かといった議論もあるが、前回と今回とでは危機の質が違う。

英国の国民投票の結果が判明した6月24日、ニューヨーク金先物相場は前日比100ドル以上高騰し、2年ぶりの高値となる1トロイ㌉=1362ドル台をつける場面もあった。それから1週間経っても、金価格は1320ドル前後で推移している。利益確定の売りが優勢になってもおかしくないところだが、実際はほとんど値崩れしていない。

一方、08年には金価格が3割近く暴落した。ほとんどの投資商品が値下がりし、世界中のファンドや投資家がデリバティブ(金融派生商品)取引で追加証拠金を支払う必要に迫られた。そこで現金を捻出するために金を売らなければならなかった。

リーマンショックとは対照的

経済不安に対する金相場の反応は対照的で、ここに危機の本質をつかむヒントがある。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
EU危機
英国離脱を奇貨とする
米国の影響力薄れ
ウォール街究極のリスク
盟友・米国経済の行方
[誌上講義4]地政学
ストラテジスト3氏に聞く
日米株式はどうなる?
[INTERVIEW]経済アナリスト 豊島逸夫
[誌上講義3]為替
英国の離脱に悪乗り
異論あり! 離脱こそ経済合理的
英国とEUはどこへ向かう2
英国とEUはどこへ向かう1
最新版欧州総覧
メルケル最大の危機
欧州各国で勢いを増す
腹の底ではドイツを疑う
経済データで丸わかり
英国の政界に辞任ドミノ
[誌上講義2 政治]英国に解体のリスク
[誌上講義1 経済]世界の格差が拡大
英国の離脱が世界に波及
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内