有料会員限定

低カロリーで満腹に、 “サラメシ"健康化作戦 ベストでなくてもベターな選択を

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小

忙しいビジネスパーソンほど、昼食はおにぎりだけだったり夜は飲み会が続いたりと、食生活はすさみがち。時間がないと運動不足にもなりやすい。だがコンビニや外食でも賢い選択ができれば、健康に一歩近づく。ぽっこりお腹が気になる人に勧めたい食生活を紹介する。

ささき・ゆき●リンクアンドコミュニケーションで栄養管理アプリ『カロリーママ』の開発などを手掛ける。母校の東京大学大学院医学系研究科で客員研究員も兼任。(撮影:梅谷秀司)

特集「健康格差」の他の記事を読む

「バランスよく食べましょう」。親や学校の先生が口すっぱく言ってきたことは、やはり基本中の基本。食事を構成するのは、ご飯や麺などの主食、肉や魚、卵などの主菜、野菜やきのこなどの副菜の三つ。これらをうまく組み合わせよう。

黄金比率は「主食1:主菜1:副菜2」。主食は炭水化物、主菜はタンパク質や脂質、副菜はビタミンやミネラル、食物繊維が取れる。そうした栄養素のバランスが大事だ。

よく聞かれるのが「コンビニでそんなにばらばらに買えない」といった声。心配はいらない。たとえば中華丼や五目焼きそば(うどん)。ご飯・麺で主食はOK、肉や魚介類があるので主菜もOK、野菜がたっぷり入っていれば副菜もOK、となる。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
健康格差
中高年はスポーツ障害に要注意
満たされない承認欲求の果て
ベストでなくてもベターな選択を
単純化された情報に踊らされるな
長年の論争に決着!
もはや意識高い系の生きざま
意外と知らないことばかり
空飛ぶ健康オタク・高城剛
映像クリエーター 高城 剛が語る
膨張する子ども医療費助成は
健康格差が顕在化する前に対策を
国内を代表する研究者2人に聞く
まだまだできることがある
世界から学べ! パンを食べるだけで減塩!?
ハーバード大学教授が警告
元気で長生きしたいなら静岡・山梨がいい?
短い平均寿命、子どもの糖尿病…
雇用と所得の差が、命の差につながる
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内