有料会員限定

世界の辺境で超健康が始まった 映像クリエーター 高城 剛が語る

印刷
A
A

漫然と生きていても健康にはなれない。健康を守るのは心がけではなく情報だ。

技術とビジュアルアートの最先端を走ってきた高城剛氏。ある時期を境に、「死ぬほど健康が大事」に変わったという。

たかしろ・つよし●1964年東京生まれ。日本大学芸術学部在学中に東京国際ビデオビエンナーレグランプリ受賞。国内外アーティストのPV制作や総務省情報通信審議会専門委員などを経て、2008年ごろから海外に拠点を移す。近著に『空飛ぶロボットは黒猫の夢を見るか?』(集英社)。

特集「健康格差」の他の記事を読む

──健康オタクを自認しています。

僕はもともと、高度経済成長期育ち・バブル上がりの人間。徹夜が自慢みたいな毎日で、食事もラーメンやハンバーガーが基本だった。マッサージぐらいには行くけれど、健康には大して気を使っていなかった。

それが一変したのは、2001年の米国同時多発テロです。「とんでもない時代がやってくる。生き方を変えないと」と直感した。まず手をつけたのが不動産。当時、東京・青山に安藤忠雄さんが造った地上3階、地下2階のビルを持っていて、スニーカー1000足とか、本5万冊とか、モノに埋もれて暮らしていた。でも、そこにもし飛行機が突っ込んできたら? 結局、モノのほとんどを処分して、ビルも売却した。

身軽になったところでロンドンに引っ越した。リーマンショック前の好景気で、世界中のクリエーターが集まっていた。そこで知ったのがオーガニックブーム。DJやハッカーをやっていたちょっと悪い友達が、こぞってストリートで有機野菜を売っている。おまえ、そんな人間だっけ? と聞くと、「これが今、いちばんアナーキーでファンクなんだ」と。大手流通を全部ぶっ飛ばしてゲリラ的に野菜を売ることはアナーキーでクール。そして高い健康意識を持つことはもはや常識なんだと。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
健康格差
中高年はスポーツ障害に要注意
満たされない承認欲求の果て
ベストでなくてもベターな選択を
単純化された情報に踊らされるな
長年の論争に決着!
もはや意識高い系の生きざま
意外と知らないことばかり
空飛ぶ健康オタク・高城剛
映像クリエーター 高城 剛が語る
膨張する子ども医療費助成は
健康格差が顕在化する前に対策を
国内を代表する研究者2人に聞く
まだまだできることがある
世界から学べ! パンを食べるだけで減塩!?
ハーバード大学教授が警告
元気で長生きしたいなら静岡・山梨がいい?
短い平均寿命、子どもの糖尿病…
雇用と所得の差が、命の差につながる
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内