有料会員限定

健康格差は日本の成長損なう爆弾だ 国内を代表する研究者2人に聞く

印刷
A
A

所得や雇用が健康に影響する事実は、日本でも明らかになってきた。対策には何が必要なのか。国内を代表する研究者2人に聞いた。

近藤 尚己 東京大学大学院 医学系研究科准教授

こんどう・なおき●2000年山梨医科大学医学部卒業。同大学助教授を経て、06〜09年に米ハーバード大学公衆衛生大学院健康社会研究センター研究フェロー。12年から現職。(撮影:今井康一)

特集「健康格差」の他の記事を読む

日本にも健康格差が存在していることは、複数の研究で確認されている。今日本に必要なのは、健康格差をこれ以上拡大させず、縮小させていくうえで効果的な手段を明らかにすることだ。

いわゆる社会的弱者は、日々の生活におけるストレスでいっぱいいっぱい。数年後、10年後も自分や家族が元気でいられるために、今投資をしようという意識を持つことが難しい。それどころか、目の前の苦しみから逃れて刹那的な楽しみを求めるような行動を取りやすい。そういう状況であっても無意識のうちに健康を維持できる環境や仕掛けを作ることが、研究者と行政、そして産業界の課題だ。

自省を込めて言うと、従来の公衆衛生対策は、幅広い層への「運動をしよう、野菜を食べよう」といった知識啓発や、リスクが高い人への個別指導に終始しがちであった。しかしそこにマーケティング手法を取り入れれば、もっと効果的にアプローチできるだろう。

たとえば食品。厚生労働省はこれまで主に栄養成分表示の普及・拡大に取り組んできた。パッケージの裏側に小さくカロリーや食塩量などを表示するあれだ。表示を見て健康によいかどうかを消費者に判断してもらいたいのだが、そもそも生活が苦しく健康を気遣うゆとりがない人には無視されてしまう。逆に表示を見たとしても、しっかり論理的に考えて選択するのは、ゆとりがなければ難しい。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
健康格差
中高年はスポーツ障害に要注意
満たされない承認欲求の果て
ベストでなくてもベターな選択を
単純化された情報に踊らされるな
長年の論争に決着!
もはや意識高い系の生きざま
意外と知らないことばかり
空飛ぶ健康オタク・高城剛
映像クリエーター 高城 剛が語る
膨張する子ども医療費助成は
健康格差が顕在化する前に対策を
国内を代表する研究者2人に聞く
まだまだできることがある
世界から学べ! パンを食べるだけで減塩!?
ハーバード大学教授が警告
元気で長生きしたいなら静岡・山梨がいい?
短い平均寿命、子どもの糖尿病…
雇用と所得の差が、命の差につながる
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内