有料会員限定

糖質制限ダイエットの真実 もはや意識高い系の生きざま

印刷
A
A
炭水化物≒糖質を控えるダイエット。「やせて快調」という声もあれば、「フラフラになる」という意見も。糖質は制限していいのか悪いのか?

特集「健康格差」の他の記事を読む

ご飯やパンなどの炭水化物や甘い物などを控えてやせる、糖質制限ダイエットが空前のブームだ。本来は糖尿病患者の減量や血糖値コントロールに用いられる治療食だった糖質制限食だが、今のブームを支えているのは健常者のダイエッターたち。たとえ肥満体でなくても、容姿をほどほど以上に気にする人なら、かなりの割合で取り組んでいる減量法だ。

コンビニのローソンやガストなどの外食チェーンも、低糖質をうたった商品を続々投入し、人気を博している。一般向けの本も多数出版され、関連ビジネスも花盛りである。

減量効果は口コミだけではなく、学術的にも実証されている。2008年に国際的な医学雑誌『ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン』に掲載された、肥満のイスラエル人に対する2年間の検証によれば、脂質を控えてカロリー制限をした群よりも、カロリー制限なしで炭水化物を控えた群のほうが体重の減少幅が大きく、コレステロール値も低かった。6月には、順天堂大学が日本人にも同様の効果があることを国際学会で明らかにした。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
健康格差
中高年はスポーツ障害に要注意
満たされない承認欲求の果て
ベストでなくてもベターな選択を
単純化された情報に踊らされるな
長年の論争に決着!
もはや意識高い系の生きざま
意外と知らないことばかり
空飛ぶ健康オタク・高城剛
映像クリエーター 高城 剛が語る
膨張する子ども医療費助成は
健康格差が顕在化する前に対策を
国内を代表する研究者2人に聞く
まだまだできることがある
世界から学べ! パンを食べるだけで減塩!?
ハーバード大学教授が警告
元気で長生きしたいなら静岡・山梨がいい?
短い平均寿命、子どもの糖尿病…
雇用と所得の差が、命の差につながる
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内