有料会員限定

金流出とインフレ 経済無知で苦しんだ幕府 解説(4) 貨幣に見る幕末の経済

印刷
A
A
開港によって大量の金が流出した(開港期の横浜を描いた図)(Science Museum/Science & Society Picture Library/アフロ)

特集「学び直し日本史」の他の記事を読む

幕末開港期の金流出と、その後の大幅なインフレーションは、幕藩体制の限界を象徴的に表す事件である。その原因を貨幣制度の特殊性に求めることはたやすい。一方で、このような特殊性を生んだ原因を探ると、意思決定の失敗に関する現代的な課題が浮かび上がる。

まずは問題の経緯から説明しよう。日米和親条約(1854年)で約定された通貨の具体的な交換比率交渉の結果、銀貨に関する同種同量交換、つまりは金銀の含有量が同じになるように貨幣を交換するというルールが合意された(56年)。

ここでのポイントは三つ。当時の国際取引は主に銀によって行われていたこと。日本国内では金属そのものの価値と貨幣としての価値が無関係になっていたこと。その結果として、海外と国内で金銀の交換比率が大幅に異なっていたことである。

同時期に日本で主に流通していた一分銀(天保一分銀)3枚と1ドル銀貨(メキシコ銀貨)の銀含有量はほぼ等しい(実際には一分銀3枚の銀量のほうが多いが、以下の議論に定性的な差は生じない)。また当時の日本の貨幣制度では4分=1両(天保小判1枚)である。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
学び直し日本史
Can you explain? 英語で説明できる?
外国人によく聞かれる日本の文化と歴史
解説(7) 昭和天皇の戦争責任
解説(6) 日本軍 失敗の本質
現在は4度目の人口停滞期
人口から読む
解説(5) 満蒙開拓の経済的損得
解説(4) 貨幣に見る幕末の経済
データを読む
解説(3) 『葉隠』と日本人の姿
解説(2) 中世・近世のゼニ事情
解説(1) 天皇、日本国の起源
面白いのはやはり信長
過去を学べば答えがある
人、事件、思想で学ぶ日本史50冊
博覧強記のカタヤマ教授によるブックガイド
今の歴史教科書はこう教えている!
一から理解する!日本史講座
人気講師・伊藤賀一の
いっきに学び直す日本史 ここがポイント2
いっきに学び直す日本史 ここがポイント1
日本史のツボがわかる!
歴史の流れを理解する7つの講義
学び直しの日本史
学び直し日本史
ビジネスマンのための
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内