有料会員限定

世界史の中で日本を見る 面白いのはやはり信長

印刷
A
A

INTERVIEW [ビジネス界の歴史通が語る日本史] ライフネット生命保険 会長 出口治明

でぐち・はるあき●1948年生まれ。京都大学法学部卒。ライフネット企画(現・ライフネット生命)を設立、2013年から現職。『「全世界史」講義』など歴史に関する著作多数。

特集「学び直し日本史」の他の記事を読む

世界が日本という国に大きな関心を向けたきっかけをご存じですか。それは戦国時代だった1500年代前半、世界遺産にも指定された石見銀山(島根県)から銀が大量に出るようになったからです。

日本には四季折々、気候にも恵まれ、コメに野菜、魚と豊富。自分たちで住むぶんにはとてもよかった。でも、外国から見れば、日本特産の「世界商品」がなかった。ですから、わざわざ日本に交易を求めてくる理由がなかったのです。

銀という世界商品が採れることがわかって状況は一変、当時、世界で流通した銀の3分の1が石見産だったといいます。だから世界の国々は、日本を目指した。ポルトガルやスペイン、ネーデルランド、中国など、外国の商人やキリスト教宣教師などが日本を訪れるようになった。それが室町時代後期、戦国の安土桃山の頃なのです。

世界からの大波が押し寄せる一方で、国内では下克上の時代だった。要は実力本位ということ。そんな激動の時代には、傑出した人物が現れます。それが織田信長です。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
学び直し日本史
Can you explain? 英語で説明できる?
外国人によく聞かれる日本の文化と歴史
解説(7) 昭和天皇の戦争責任
解説(6) 日本軍 失敗の本質
現在は4度目の人口停滞期
人口から読む
解説(5) 満蒙開拓の経済的損得
解説(4) 貨幣に見る幕末の経済
データを読む
解説(3) 『葉隠』と日本人の姿
解説(2) 中世・近世のゼニ事情
解説(1) 天皇、日本国の起源
面白いのはやはり信長
過去を学べば答えがある
人、事件、思想で学ぶ日本史50冊
博覧強記のカタヤマ教授によるブックガイド
今の歴史教科書はこう教えている!
一から理解する!日本史講座
人気講師・伊藤賀一の
いっきに学び直す日本史 ここがポイント2
いっきに学び直す日本史 ここがポイント1
日本史のツボがわかる!
歴史の流れを理解する7つの講義
学び直しの日本史
学び直し日本史
ビジネスマンのための
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内