有料会員限定

武士道で重んじられた名誉意識=武士の一分 解説(3) 『葉隠』と日本人の姿

印刷
A
A
武士にとって死は日常の傍らにあった。「武士の一分」のために命を懸けることさえあった(本橋昂明/アフロ)

特集「学び直し日本史」の他の記事を読む

江戸時代は天下泰平が続いたが、武士は戦闘者としての倫理を身に付け、時にそれを実践しなければならなかった。そうした緊張関係を示すのが、佐賀藩士・山本常朝(つねとも)の口話を筆記した『葉隠(はがくれ)』にある「武士道というは死ぬことと見付けたり」という有名な言葉である。

この言葉を理解するためには、『葉隠』に採録された一つの事件を参照する必要がある。京都に借銀役(しゃくぎんやく)(経理役)で逗留していたとき、同僚がけんかをしているという話を耳にした、鳥取藩士の行動である。

藩士が現場に駆け付けたところ、同僚はまさにとどめを刺されようとしていた。藩士は言葉をかけ、けんか相手の2人を斬り殺した。

これを聞いた京都町奉行は、この藩士を呼び出し、「そのほうは同僚のけんかに加担し、御法度に背いた。それに相違ないか」と詰問した。

ところが藩士は「御奉行の言っている意味がわかりません」。いらだった奉行は、「けんかに加担し、人を刃傷したのは、御法度に背き掟(おきて)を破ったということだ」と断じた。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
学び直し日本史
Can you explain? 英語で説明できる?
外国人によく聞かれる日本の文化と歴史
解説(7) 昭和天皇の戦争責任
解説(6) 日本軍 失敗の本質
現在は4度目の人口停滞期
人口から読む
解説(5) 満蒙開拓の経済的損得
解説(4) 貨幣に見る幕末の経済
データを読む
解説(3) 『葉隠』と日本人の姿
解説(2) 中世・近世のゼニ事情
解説(1) 天皇、日本国の起源
面白いのはやはり信長
過去を学べば答えがある
人、事件、思想で学ぶ日本史50冊
博覧強記のカタヤマ教授によるブックガイド
今の歴史教科書はこう教えている!
一から理解する!日本史講座
人気講師・伊藤賀一の
いっきに学び直す日本史 ここがポイント2
いっきに学び直す日本史 ここがポイント1
日本史のツボがわかる!
歴史の流れを理解する7つの講義
学び直しの日本史
学び直し日本史
ビジネスマンのための
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内