次の衆院選(総選挙)はいつ行うべきだと考えますか?--東洋経済1000人意識調査

次の衆院選(総選挙)はいつ行うべきだと考えますか?--東洋経済1000人意識調査

民主党が政権に就いたのが2009年の9月。鳩山内閣を継いだ菅内閣の支持率は低空飛行が続いている。菅首相や党執行部は、政治とカネをめぐる問題に一定の結論を出すこと、加えて「脱小沢」の姿勢を印象づけることで、支持率を回復させ、今後の政権運営を図ろうとしている。ただ、昨日の小沢元代表との会談はもの別れに終わり、民主党内は一層の混乱をきたしそうだ。

そのような中、政権の信任を問う総選挙をいつ行うべきかを尋ねたところ、「できるだけ早く」「11年の統一地方選挙に合わせて」で6割弱を占めた。

■年齢・性別・地域別クロス集計

【調査概要】調査方法:インターネットウェブ定量調査、調査対象:全国の20歳以上の男女1000人、割付方法:性・年代(10歳刻み)人口動態割付、調査期間:2010年12月3~6日
※対象者を統計的な方法で抽出した世論調査などとは異なる。
【調査協力】 マクロミル

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT