次の衆院選(総選挙)はいつ行うべきだと考えますか?--東洋経済1000人意識調査

次の衆院選(総選挙)はいつ行うべきだと考えますか?--東洋経済1000人意識調査

民主党が政権に就いたのが2009年の9月。鳩山内閣を継いだ菅内閣の支持率は低空飛行が続いている。菅首相や党執行部は、政治とカネをめぐる問題に一定の結論を出すこと、加えて「脱小沢」の姿勢を印象づけることで、支持率を回復させ、今後の政権運営を図ろうとしている。ただ、昨日の小沢元代表との会談はもの別れに終わり、民主党内は一層の混乱をきたしそうだ。

そのような中、政権の信任を問う総選挙をいつ行うべきかを尋ねたところ、「できるだけ早く」「11年の統一地方選挙に合わせて」で6割弱を占めた。

■年齢・性別・地域別クロス集計

【調査概要】調査方法:インターネットウェブ定量調査、調査対象:全国の20歳以上の男女1000人、割付方法:性・年代(10歳刻み)人口動態割付、調査期間:2010年12月3~6日
※対象者を統計的な方法で抽出した世論調査などとは異なる。
【調査協力】 マクロミル

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。