有料会員限定

いつまで株は売られるか 崩落相場を分析

印刷
A
A

特集「緊急点検 企業業績」の他の記事を読む

大発会から6週間で日経平均株価が4000円を超す崩落相場を演出したのは欧州勢だ。東京証券取引所が発表した海外投資家の地域別売買状況によると、欧州投資家の1月の日本株売買は9286億円の売り越し(外国人全体でマイナス1兆0763億円)。北米(同マイナス125億円)、アジア(同マイナス1345億円)を抑え断トツの売りだった。

産油国の政府系ファンド(SWF)は、長期化する原油安で財政が悪化したため保有株式の売却を加速させた。その原油相場の下落基調をベースに原油売り・円買い・日本株売りの複合トレードを仕掛けたのがCTAと呼ばれるヘッジファンドだ。いずれも運用拠点を欧州に置く。おまけに2月にはドイツ銀行の信用不安という懸念材料も表面化し、欧州発の売り注文が飛び交った。

企業業績が決める株価 来期は弱気予想が続出?

昨年8月のチャイナショック時には中国からの資本流出や新興国経済の退潮、そして米国金融政策の不透明感などがマイナス材料となった。それぞれが一段と深刻になるとともに、一時1ドル=110円台をつけるなど円高が加速したことで、日本経済に対する警戒感や企業の収益悪化懸念へと複雑化していったのが今の下げ相場だ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
緊急点検 企業業績
波乱の相場はこう乗り切れ(2)
[特別付録]1部上場840社
波乱の相場はこう乗り切れ(1)
混迷相場の道しるべ
変動幅の小さい“ミンボル"投資に注目
増配・自社株買いの期待大
下げ相場で手堅く稼ぐ
春はイベントが目白押し
崩落相場を分析
主要14業種の産業天気図とリスクシナリオ
新年度に落ち目の会社は?
浜松ホトニクス / オカモト
激変下でも最高益
[リスク7]インバウンド失速
[リスク8]消費増税先送り
[リスク6]中国異変
[リスク5]米国ピークアウト
[リスク4]資源安
[リスク3]円高転換
[リスク2]アップルショック
[リスク1]マイナス金利
円高転換、もう“げた"はない
浮かぶ株 沈む株
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内