有料会員限定

株主還元を増やす株100 増配・自社株買いの期待大

印刷
A
A
ISSはROE5%未満の会社のトップの再選には反対(撮影:今井康一)

特集「緊急点検 企業業績」の他の記事を読む

コーポレートガバナンス・コードが日本でも導入されたことで、株主に対する企業の姿勢がより注目されるようになってきた。

グローバルに見て「稼ぐ力」が弱い日本企業はROE(自己資本利益率)の向上を経営目標に据えることで、収益力の底上げを図る必要に迫られている。ROEは1株利益を1株当たりの自己資本で割ったもので、水準を高めるには利益を増やすか、自己資本を減少させるしかない。

しかし成熟産業では内部留保を設備投資に振り向けても、業界のイノベーションとなる新商品・新サービスを開発することが難しい。こうした企業は配当金を増やしたり、自己株消却を行ったりして株主に還元するしかROEを引き上げる方策がない。

時価総額に対して大きな現預金を保有しているキャッシュリッチ企業は、マイナス金利の導入により「民間銀行に多額の預金をしている場合、ほとんど金利がつかないどころか、今後は逆に口座手数料を支払う必要性が出てきかねない」(UBS証券の居林通・日本株リサーチアナリスト)という懸念が出てきている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
緊急点検 企業業績
波乱の相場はこう乗り切れ(2)
[特別付録]1部上場840社
波乱の相場はこう乗り切れ(1)
混迷相場の道しるべ
変動幅の小さい“ミンボル"投資に注目
増配・自社株買いの期待大
下げ相場で手堅く稼ぐ
春はイベントが目白押し
崩落相場を分析
主要14業種の産業天気図とリスクシナリオ
新年度に落ち目の会社は?
浜松ホトニクス / オカモト
激変下でも最高益
[リスク7]インバウンド失速
[リスク8]消費増税先送り
[リスク6]中国異変
[リスク5]米国ピークアウト
[リスク4]資源安
[リスク3]円高転換
[リスク2]アップルショック
[リスク1]マイナス金利
円高転換、もう“げた"はない
浮かぶ株 沈む株
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内