有料会員限定

笑う建設、奈落の底の銀行 主要14業種の産業天気図とリスクシナリオ

印刷
A
A

特集「緊急点検 企業業績」の他の記事を読む

鮮明になりつつある世界景気の減速感。今2016年3月期の業績予想が軒並み下振れる中で、早くも注目は来17年3月期の動向に移ってきている。主要14業種の今期・来期の天気図と、焦点の6業種(電気機器、自動車、建設、小売り、医薬品、銀行)について解説する(全33業種の来期予想減額率ランキングを本文末に掲載)。

[電気機器]スマホへの依存度と多角化の首尾で明暗

リーマンショック以降、多くの電気機器メーカーが家電など最終製品事業からスマートフォン向けなど電子部品事業に軸足を移した。近年はいかに“勝ち馬”最終製品メーカーに納入するかが勝負を分けてきた。しかし、その勝ち馬の代表格・米アップルでさえも、市場の飽和で成長に陰りが見えている。

次なる成長の種として各社が期待を寄せるのは車載事業だ。自動運転機能やヘッドアップディスプレーなど、今後電装化が見込まれる自動車は、電機業界の主戦場となるものとみられる。そこにいかに食い入るかが、電機メーカーの今後を分けそうだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
緊急点検 企業業績
波乱の相場はこう乗り切れ(2)
[特別付録]1部上場840社
波乱の相場はこう乗り切れ(1)
混迷相場の道しるべ
変動幅の小さい“ミンボル"投資に注目
増配・自社株買いの期待大
下げ相場で手堅く稼ぐ
春はイベントが目白押し
崩落相場を分析
主要14業種の産業天気図とリスクシナリオ
新年度に落ち目の会社は?
浜松ホトニクス / オカモト
激変下でも最高益
[リスク7]インバウンド失速
[リスク8]消費増税先送り
[リスク6]中国異変
[リスク5]米国ピークアウト
[リスク4]資源安
[リスク3]円高転換
[リスク2]アップルショック
[リスク1]マイナス金利
円高転換、もう“げた"はない
浮かぶ株 沈む株
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内