有料会員限定

揺らぐタワマン信仰 資産価値で人気だが…

印刷
A
A

資産価値の高さや節税策から人気に火がついたタワーマンション。だが、懸念材料も浮上してきた。

当局が“口先介入“ 狙われる節税策

国税当局がタワーマンションを使った相続税対策の監視強化に乗り出したとするメディア報道が11月初旬に相次いだ。結果からいうと、これらの報道は当局による“口先介入”効果をもたらした。

発端は10月27日に開かれた政府税制調査会における上西左大信特別委員(税理士)の発言だった。「タワマンを使った節税策を放置すると、不公平感が広がり、税への信頼感が失われる。取り扱いを是正してもらいたい」。この2日後、国税庁内の記者クラブで、上西発言とともに財産評価基本通達(相続税・贈与税の計算で用いられる)の「総則6項」の内容などが説明された。

総則6項には「この通達の定めによって評価することが著しく不適当と認められる財産の価額は、国税庁長官の指示を受けて評価する」と定めてある。かみ砕くと、相続税などの課税額を算定する際に用いる資産額(評価額)が時価(実態)と大きく乖離していたら、通常とは異なる基準で評価額を出すという内容だ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
これからのマンション選び
アナリストはこう見る!
新築マンション 50年後の未来
“修繕破綻“が続出?
電力自由化控え営業攻勢
管理組合の理事長座談会
資産価値を落とさない
資産価値で人気だが…
新規事業者も次々参入
プロの選び方教えます
日銀バブルは続く
マンションは資産価値が命
ランキング
ランキング
業界人座談会
あなたのマンションは大丈夫?
契約更新拒否、保険料4倍のケースも
全額補償は期待できず
INTERVIEW
繰り返される“欠陥"問題
資産価値をどう守る?
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内