有料会員限定

不動産2020年問題を疑え アナリストはこう見る!

印刷
A
A

東京五輪までは好調な市況が続くが、その後は崩れるというのが不動産の2020年問題。専門家はどう考えるか。

(撮影:今井康一)

特集「これからのマンション選び」の他の記事を読む

2020年の五輪に向けて、東京湾岸エリアを中心に会場や選手村だけでなく、道路や電車などのインフラ整備が目白押しとなる。このような動きを見越して湾岸エリアを中心に不動産価格も上がったが、五輪効果は五輪と同時に終わる性質のものではない。

湾岸エリアは工場や倉庫の跡地が多く、都市基盤の整備が十分にされていなかったが、それが変わる。埋め立て地が選手村になることでイメージの向上も期待できる。また、開発の促進のために土地の権利調整などにおいて規制緩和が進むと考えられる。これらが街の発展基盤となり、五輪後もそれらのインフラを各産業に活用していく動きが続く。結果として、不動産市況に大きなマイナスの影響は出ないのではないか。

都内の「西高東低」と呼ばれてきた地域別の価格には変化が生じるだろう。高級住宅街を数多く抱える西側の山手エリアと東側の下町エリアに分けて、マンションの1平方メートル当たり販売単価を比較すると、西と東では大きな価格差がある。今後は湾岸を中心とした下町エリアが含まれる東のほうがより値上がりすると予想される。西高東低には変わりないが、その格差は縮まるだろう。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
これからのマンション選び
アナリストはこう見る!
新築マンション 50年後の未来
“修繕破綻“が続出?
電力自由化控え営業攻勢
管理組合の理事長座談会
資産価値を落とさない
資産価値で人気だが…
新規事業者も次々参入
プロの選び方教えます
日銀バブルは続く
マンションは資産価値が命
ランキング
ランキング
業界人座談会
あなたのマンションは大丈夫?
契約更新拒否、保険料4倍のケースも
全額補償は期待できず
INTERVIEW
繰り返される“欠陥"問題
資産価値をどう守る?
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内