証券優遇税制は廃止すべきor維持すべき?--東洋経済1000人意識調査

証券優遇税制は廃止すべきor維持すべき?--東洋経済1000人意識調査

2011年度税制改正の焦点であった、法人税減税について、菅首相の決断で5%引き下げを決めた。5%下げれば、税収は1兆5千億円程度減る計算だ。それを穴埋めする財源が大きな問題だが、今のところ財源のめどは立っていない。

そのような情勢下、証券優遇税制は廃止すべきか維持すべきか聞いた。上場株式の配当や譲渡益の税率は本来20%だが、2011年末までの優遇措置として10%になっている(12月14日の閣僚折衝で13年末までの延長で決着)。

この証券優遇税制の存廃について尋ねたところ、「10%を維持する」が32%いたが、「20%に戻す」も27%いて、意見が大きく分かれた。

■年齢・性別・地域別クロス集計


【調査概要】調査方法:インターネットウェブ定量調査、調査対象:全国の20歳以上の男女1000人、割付方法:性・年代(10歳刻み

)人口動態割付、調査期間:2010年11月10~11日※対象者を統計的な方法で抽出した世論調査などとは異なる
【調査協力】 マクロミル

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。