有料会員限定

ロボット需要が爆発 日本勢が中国攻める [技術力で利益創出]
ファナック、安川電機、不二越など 世界シェア5割超

印刷
A
A

日本の「お家芸」、圧倒的な技術力で国内外市場を席巻する高収益企業。

安川電機の本社工場ではロボットがロボットを造るラインが稼働中

特集「絶好調企業の秘密」の他の記事を読む

自動車や電機メーカーなど、世界各地の工場で稼働する産業用ロボットは約130万台(国際ロボット連盟〈IFR〉調べ)。国別では日本が約30万台と最多で、さらに世界のロボット出荷台数の5割超が日本発だ。ロボットを使う側、製造する側ともに主役であり、まさに「ロボット大国ニッポン」である。

日本のロボットメーカーは軒並み業績好調だ。ファナック、安川電機の2強と、不二越、川崎重工業の大手4社は今期、過去最高純益を更新する見込み。それぞれ主力事業を持ちロボットが必ずしも最高益の主因ではないが、今後、確実な成長が見込める筆頭格といえる。

各社のロボット事業は上昇気流に乗っている(図表1)。特に不二越は2014年11月期のロボット部門の売上高が前期比38%増と、全部門中トップの成長率だった。川崎重工はロボット単体の売上高を公表していないが、年間数百億円規模とみられる。同社は今15年3月期で前期比2~3割の伸びを見込む。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
絶好調企業の秘密
企業業績の改善鮮明に
セブン銀行
クリエイト・レストランツ・ホールディングス
エムスリー
クックパッド
[独創的なビジネスモデル] 大和ハウス工業
優勝劣敗は進んでいる
三菱鉛筆
ステップ
キーエンス
ジュピターショップチャンネル
[顧客をがっちりつかむ] ヤオコー
パナソニック、ソニー
ミネベア
クラレ
マニー
[技術力で利益創出]ファナック、安川電機、不二越など 世界シェア5割超
浮き沈み激しいスマホゲーム業界
カシオ計算機
アシックス
ピジョン
[海外で稼げる力] 富士重工業
最高益533社!
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内