有料会員限定

憲法審査会の議論がスタート 安倍首相「宿願」の改憲挑戦

印刷
A
A
「(改憲の)テーマについては何も言わない」と安倍晋三首相(写真は3月3日、国会で)(時事)

自民党の憲法改正推進本部は2月26日、会合を開き、憲法改正の発議の準備を進めることを確認した。船田元・本部長(元経済企画庁長官)は、2月4日に安倍晋三首相と会談した際、発議とその賛否を問う国民投票の時期について、首相が「参院選後が常識的」と述べたことを踏まえ、2016年夏の参院選後に発議を目指す方針を示した。

改憲実現は安倍首相の宿願だが、14年12月の総選挙では、「まずは自民党で国民運動を」と語るにとどめた。改憲の争点化を回避し、「憲法隠し」を図った感があった。

ところが、年明けの1月14日、関西テレビの番組で「憲法を変えるのは自然なこと」と語った。「イスラム国」の邦人人質事件の後、2月3日の参議院予算委員会で「国民の生命と財産を守っていかなければ。その中で憲法第9条をどう考えていくべきか」と答弁し、自衛隊の任務拡大を想定した改憲論を唱えた。

だが、2月12日の施政方針演説では、「憲法改正に向けた国民的な議論を深めていこうではありませんか」としか言わなかった。与野党の改憲勢力を総結集するには、それ以上踏み込まないのが得策、と判断したのかもしれない。一方で、改憲の発議権を持つのは国会だけで、国民も内閣も首相も、発議については無権限という憲法上の制約もあるからだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
生保レディ、昇格しても固定給が下がる理不尽
生保レディ、昇格しても固定給が下がる理不尽
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内