有料会員限定

安倍官邸はどう動くか 天皇陛下の「お気持ち」で

✎ 1〜 ✎ 82 ✎ 83 ✎ 84 ✎ 最新
拡大
縮小
「お気持ち」表明を受けて設置される、政府有識者会議の人選を握る菅義偉内閣官房長官(撮影:今井康一)

天皇陛下が8月8日午後、ビデオメッセージで表明した「お気持ち」について、いろいろな見方が流布している。

OBを含めてあまたいる皇室記者や宮内庁関係者の誰もが、一致する指摘がある。

それは、「お気持ち」の最終パラグラフの以下の件である。

「〈前略〉憲法の下、天皇は国政に関する権能を有しません。そうした中で、このたび我が国の長い天皇の歴史を改めて振り返りつつ、これからも皇室がどのような時にも国民と共にあり、相たずさえてこの国の未来を築いていけるよう、そして象徴天皇の務めが常に途切れることなく、安定的に続いていくことをひとえに念じ、ここに私の気持ちをお話しいたしました。国民の理解を得られることを、切に願っています。」

このフレーズに込められたメッセージは明白だ。天皇、皇后両陛下が共に女性・女系天皇の即位容認と女性宮家創設を強く求めておられるということである。

首相も「お気持ち」に驚愕⁉

首相官邸、とりわけ安倍晋三首相本人はこの件に目を通したとき、驚愕したに違いない。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内