有料会員限定

首相は悲願達成に虎視眈々 改憲勢力3分2獲得で

印刷
A
A
参院選では与党で改選議席過半数の目標を達成。改憲勢力も事実上3分の2を獲得した(EPA=時事)

7月10日に実施された第24回参議院議員選挙は、与党自民、公明両党が改選議席過半数(61)を上回る70議席を獲得した。

だが、自民党は単独過半数(57)に1議席届かなかった。単独過半数を失ったのは、社会党の土井たか子委員長(当時)の「山が動いた」発言で知られる1989年参院選だった。27年ぶりの失地回復を目指したが、かなわなかった。

それにしても、絶妙な選挙結果というべきではないか。

参院選公示前に会った首相官邸幹部は筆者に次のように語っていた。

「過半数に1〜2議席足りないのがちょうどいい。取りすぎてもよくない。余計なことを考え始めるから」

この「余計なこと」とは、もちろん憲法改正を指す。

自民、公明、おおさか維新の会、そして日本のこころを大切にする党の「改憲勢力」も、国会発議に必要な参院3分の2(162)確保の条件である78議席に1議席足りなかった。

しかし、少なくとも非改選の無所属4人は改憲に前向きであり、それを加えると条件を満たす。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
平気で「おにぎり」を買う人が知らない超残念な真実
平気で「おにぎり」を買う人が知らない超残念な真実
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内