有料会員限定

リニアの技術Q&A 走る仕組みと安全対策

印刷
A
A

50年もの歳月をかけて開発されたリニアの技術。走る仕組みや安全対策はどうなっているのか。

時速500キロメートルで浮上して走行する“夢の乗り物”超電導リニア。JR東海と鉄道総合技術研究所への取材を基に、リニアの技術に関する疑問にすべて答える。

Q1. なぜリニア方式を採用したのか

リニアは「超電導磁石」を搭載した車両が磁石の力で浮き上がり、直線状に運動するモーターで駆動(リニアモーター駆動)しながら走る。

リニアの特徴は、新幹線の約2倍の時速約500キロメートルで走行し、急勾配にも対応できるところだ。

新幹線は車輪とレールの間に生じる摩擦を使った粘着駆動によって走る。このため速度が上がり勾配が急になると、空気抵抗や重力によって車両の前進が妨げられる。この「妨げる力」が増大して「前に進む力」と釣り合うと、車輪が空転してそれ以上の速度で走行できなくなる。粘着駆動の代わりにリニアモーター駆動を採用すれば、推進が車輪の空転に左右されることはなく、より速いスピードを実現できる。

車両を浮上させることで、騒音などの環境問題を解決し、さらに乗り心地を快適にすることもできる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
リニア革命
川重や日立が海外を向く中
▶▶Part4 整備新幹線とJR
リニア計画は国家百年の愚行
[政治]安倍─葛西のタッグは健在
[環境]JR東海からの反論
[環境]山梨の実験線ではすでに実害も
[収益]営業係数で採算を判定
▶▶Part3 リニアの死角 [財務]人件費や金利高の懸念も
期待と不安が相半ば
自民から急浮上した財政支援
五輪の次はリニア
独占[INTERVIEW]JR東海名誉会長 葛西敬之
愛知万博以来のビル建設ラッシュ
有楽町火災で露呈
▶▶Part2 蠢く都市、群がる企業
リニアvs.新幹線vs.エアライン
リニア関連の特許と出願人
走る仕組みと安全対策
2027年X月X日
大阪開業で17兆円近い経済効果
▶▶Part1 これがリニアだ!
時代遅れの全幹法
[地震]いくつもの活断層を貫くリニア
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内