有料会員限定

JR東海は5兆円もの債務を背負えるか? ▶▶Part3 リニアの死角 [財務]人件費や金利高の懸念も

印刷
A
A

東海道新幹線がただ今絶好調のJR東海。が、前例のないリニア計画を前に、財務や環境など、視界は不透明だ。

その額、9兆0300億円。JR東海がはじいたリニアの総工費だ。2045年の東京─大阪間の開業まで、30年超もかかる超巨大プロジェクトの費用を、JR東海はすべて自己負担で賄う。

JR東海はリニア建設にあたり、建設費と収益、債務削減のペースを試算、10年に発表した(図表1)。前提に挙げているのは、27年に東京─名古屋間を開業した後、借入金・社債を削減し、大阪まで延伸するという、“2段階”の計画である。債務が想定外に膨らめば、健全経営・安定配当の維持という、同社の根幹が揺らぎかねない。その目安として掲げるのが、長期債務残高「5兆円以下」という数字だ。

[図表1]

特集「リニア革命」の他の記事を読む

5兆円という金額はいろいろな意味を持つ。一つはかつて多額の債務を背負った自身の経験である。

国鉄の分割民営化を経て、新幹線については、JR各社が施設を借りて路線使用料を支払うリース制度から、有償で購入する方式に転換。と同時にJR東海の場合、5兆円以上の債務を抱えた。高金利の当時は利率が年6%を超えており、毎年3000億円以上を支払利息に計上。有利子負債を5000億円減らすのに、7年間の歳月を費やしている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
リニア革命
川重や日立が海外を向く中
▶▶Part4 整備新幹線とJR
リニア計画は国家百年の愚行
[政治]安倍─葛西のタッグは健在
[環境]JR東海からの反論
[環境]山梨の実験線ではすでに実害も
[収益]営業係数で採算を判定
▶▶Part3 リニアの死角 [財務]人件費や金利高の懸念も
期待と不安が相半ば
自民から急浮上した財政支援
五輪の次はリニア
独占[INTERVIEW]JR東海名誉会長 葛西敬之
愛知万博以来のビル建設ラッシュ
有楽町火災で露呈
▶▶Part2 蠢く都市、群がる企業
リニアvs.新幹線vs.エアライン
リニア関連の特許と出願人
走る仕組みと安全対策
2027年X月X日
大阪開業で17兆円近い経済効果
▶▶Part1 これがリニアだ!
時代遅れの全幹法
[地震]いくつもの活断層を貫くリニア
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内